写真・図版 | 81歳・山田太一「生死ごちゃまぜいいなと思う」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

81歳・山田太一「生死ごちゃまぜいいなと思う」 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

山田太一(やまだ・たいち)1934年生まれ。脚本家。松竹大船撮影所に入社し助監督に。65年にフリーになり、「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」など多くのテレビドラマの脚本を手がける。小説も執筆し『異人たちとの夏』で山本周五郎賞。ほかに小林秀雄賞、朝日賞など。著書は『空也上人がいた』(朝日文庫)など多数(撮影/写真部・堀内慶太郎)

山田太一(やまだ・たいち)
1934年生まれ。脚本家。松竹大船撮影所に入社し助監督に。65年にフリーになり、「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」など多くのテレビドラマの脚本を手がける。小説も執筆し『異人たちとの夏』で山本周五郎賞。ほかに小林秀雄賞、朝日賞など。著書は『空也上人がいた』(朝日文庫)など多数(撮影/写真部・堀内慶太郎)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい