写真・図版 | 絶好調より少し疲れているくらいがいい? 羽生善治の“棋士”道〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

絶好調より少し疲れているくらいがいい? 羽生善治の“棋士”道 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

羽生善治(はぶ・よしはる)1970年、埼玉県生まれ。小学6年生で二上達也九段に師事し、奨励会に入会。85年、中学3年生で四段となり、史上3人目の中学生プロ棋士となる。89年、初タイトルとなる竜王位を獲得。96年、王将位を獲得し、名人、竜王、棋聖、王位、王座、棋王と合わせ、史上初の七冠王となる。現在、名人、王位、王座、棋聖の四冠を保持。著書に『羽生の頭脳1~10』(日本将棋連盟)、『決断力』『大局観』『適応力』などがある(撮影/写真部・岡田晃奈)

羽生善治(はぶ・よしはる)
1970年、埼玉県生まれ。小学6年生で二上達也九段に師事し、奨励会に入会。85年、中学3年生で四段となり、史上3人目の中学生プロ棋士となる。89年、初タイトルとなる竜王位を獲得。96年、王将位を獲得し、名人、竜王、棋聖、王位、王座、棋王と合わせ、史上初の七冠王となる。現在、名人、王位、王座、棋聖の四冠を保持。著書に『羽生の頭脳1~10』(日本将棋連盟)、『決断力』『大局観』『適応力』などがある(撮影/写真部・岡田晃奈)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい