輝いて燃える炭と自然の美しさ 小説家・鶴岡一世が見た風景

 長野県上田市に暮らし、3年前に亡くなった小説家・鶴岡一世さん。標高約1千メートルの山奥の集落で炭焼きと畑を営みをながら小説を書いていた鶴岡さんの身の回りの風景を写し、亡くなった後は、星空の世界を追った写真家・深沢次郎さんの作品を紹介します。

【関連記事】
分身のようだった友人を亡くした悲しみを昇華させた作品「よだか」を出版した写真家・深沢次郎

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す