南アルプスの懐に抱かれたダム湖と700年も前から作り続けられてきた硯

 山梨県早川町雨畑地区では古くから良質な石材が産出し、それを素材に「雨畑硯」が作られてきました。集落のすぐ目の前にはダム湖があり、印象的な薄緑色の水面が広がります。南アルプスの深い山々から運ばれてきた大量の石や砂が自然の力を感じさせます。写真家・京嶋良太さんが写しとった作品を紹介します。

【関連記事】
写真家・京嶋良太が写したダム湖に押し寄せる「土砂」と「人間の業」

あわせて読みたい

  • 写真家・京嶋良太が写したダム湖に押し寄せる「土砂」と「人間の業」

    写真家・京嶋良太が写したダム湖に押し寄せる「土砂」と「人間の業」

    dot.

    7/28

    甲子園Heroes2015―アルプススタンドから

    甲子園Heroes2015―アルプススタンドから

    9/11

  • ZARD・坂井泉水さんと大黒摩季さん デビュー前から親しかった二人

    ZARD・坂井泉水さんと大黒摩季さん デビュー前から親しかった二人

    6/11

    【写真特集】山内惠介 20年、走り続けて見えるもの

    【写真特集】山内惠介 20年、走り続けて見えるもの

    2/25

  • 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」記者会見

    「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」記者会見

    12/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す