爆竹が鳴り響く喧噪のなかで故人をしのぶ思いが交錯する長崎の精霊流し

 初盆を迎えた故人の霊を船に載せて追悼する長崎の精霊流し。提灯や花で飾られた船の周囲には爆竹が鳴り、船の引き手のかけ声が響き渡ります。そんな喧騒が亡くなった人への思いをやわらげてくれるのかもしれません。長崎の夏、切ない情景を追った写真家・陳翔の作品を紹介します。

【関連記事】
長崎の夏、精霊流しで写しとった「さよならの過程」 写真家・陳翔

あわせて読みたい

  • 長崎の夏、精霊流しで写しとった「さよならの過程」 写真家・陳翔

    長崎の夏、精霊流しで写しとった「さよならの過程」 写真家・陳翔

    dot.

    6/7

    華やかな長崎の「精霊流し」は、夏祭りではない?

    華やかな長崎の「精霊流し」は、夏祭りではない?

    tenki.jp

    8/15

  • WONK擁するレーベルブランド「epistroph」の初イベントが表参道で開催 音楽・ファッション・カルチャーが交錯する刺激的な一夜をレポート

    WONK擁するレーベルブランド「epistroph」の初イベントが表参道で開催 音楽・ファッション・カルチャーが交錯する刺激的な一夜をレポート

    Billboard JAPAN

    2/10

    蜷川実花とディズニーを魅了したメキシコ「死者の日」とは?

    蜷川実花とディズニーを魅了したメキシコ「死者の日」とは?

    AERA

    3/16

  • ウクライナ市民「ロシア軍の兵士たちは何もかも強奪していった」 ロシアとヨーロッパの対立構造はより鮮明に

    ウクライナ市民「ロシア軍の兵士たちは何もかも強奪していった」 ロシアとヨーロッパの対立構造はより鮮明に

    AERA

    6/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す