【独自調査】今後30年間で震度6弱以上の地震発生確率が高い地域|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【独自調査】今後30年間で震度6弱以上の地震発生確率が高い地域

 AERA2021年6月7日号では、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半に全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を日本地図で示した。

【関連記事】
震度6弱以上の巨大地震、30年以内に水戸市81%、東京47%、福岡市6.2%…専門家「安心できない地域」とは
南海トラフ地震と相模トラフ地震の影響も…大地震の確率「太平洋側」高地域に専門家の分析


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい