【写真特集】ジョン&ヨーコ ふたりの夢がひとつに

  • 1969年に撮影された二人の仲を象徴する写真。世界一有名なカップルは、世界を変えるクリエーティビティーを発揮し、世界のアートシーンに影響を与えた Photo by Iain Macmillan (c)Yoko Ono

    1969年に撮影された二人の仲を象徴する写真。世界一有名なカップルは、世界を変えるクリエーティビティーを発揮し、世界のアートシーンに影響を与えた Photo by Iain Macmillan (c)Yoko Ono

  • 1969年にアムステルダムとモントリオールで行われた平和活動の“Bed In(ベッド・イン)”。ベトナム戦争などによるアメリカ、ヨーロッパでの社会不安を背景に、愛とユーモアで平和を訴えた Photo by Ivor Sharp. (c)Yoko Ono

    1969年にアムステルダムとモントリオールで行われた平和活動の“Bed In(ベッド・イン)”。ベトナム戦争などによるアメリカ、ヨーロッパでの社会不安を背景に、愛とユーモアで平和を訴えた Photo by Ivor Sharp. (c)Yoko Ono

  • 1969年の「ベッド・イン」でジョンがイラストを描いたギブソン製のアコースティックギター。サウンドホールとピックガード周囲には生々しく弾き傷が残る Photo by Miki Slingsby /Courtesy of Yoko Ono

    1969年の「ベッド・イン」でジョンがイラストを描いたギブソン製のアコースティックギター。サウンドホールとピックガード周囲には生々しく弾き傷が残る Photo by Miki Slingsby /Courtesy of Yoko Ono

  • ジョン・レノンが描いた日本語練習スケッチブックの原画 “KAZOKU(家族)”。BOKUNO KANAI DESU(僕の家内です)、WATAKUSHI NO SHUJIN DESU(私の主人です)などとローマ字で書かれている (c)Yoko Ono Lennon

    ジョン・レノンが描いた日本語練習スケッチブックの原画 “KAZOKU(家族)”。BOKUNO KANAI DESU(僕の家内です)、WATAKUSHI NO SHUJIN DESU(私の主人です)などとローマ字で書かれている (c)Yoko Ono Lennon

  • 同じく日本語練習スケッチブックの原画“AMAI(甘い)”。それぞれの味と口にしたときの表情と、“日本語を 話せば話すほど上手になります”と、少し自慢げに書かれている (c)Yoko Ono Lennon

    同じく日本語練習スケッチブックの原画“AMAI(甘い)”。それぞれの味と口にしたときの表情と、“日本語を 話せば話すほど上手になります”と、少し自慢げに書かれている (c)Yoko Ono Lennon

  • 1979年、ジョン、ヨーコ、そしてショーンが度々訪れていたという軽井沢での一枚。このときジョンとヨーコが着用していた洋服も展示されている。ジョンが望んだ平和なひとときを感じる Photo by Nishi F. Saimaru (c)Nishi F. Saimaru & (c)Yoko Ono

    1979年、ジョン、ヨーコ、そしてショーンが度々訪れていたという軽井沢での一枚。このときジョンとヨーコが着用していた洋服も展示されている。ジョンが望んだ平和なひとときを感じる Photo by Nishi F. Saimaru (c)Nishi F. Saimaru & (c)Yoko Ono

  • 楽曲「イマジン」の手書きの歌詞。ニューヨークのヒルトンホテルの便せんにブラックのペンで書かれている。「イマジン」は、ヨーコの詩集『グレープフルーツ』から着想を得たとジョンは語っている (c)Yoko Ono

    楽曲「イマジン」の手書きの歌詞。ニューヨークのヒルトンホテルの便せんにブラックのペンで書かれている。「イマジン」は、ヨーコの詩集『グレープフルーツ』から着想を得たとジョンは語っている (c)Yoko Ono

  • 1971年にアメリカへ移住し、平和運動を続けるジョンは2度国外退去を求められた。以来、5年の闘いを経て76年7月27日にグリーンカードを取得。ついに永住権を得た。このグリーンカードは闘いの証しともいえる (c)Yoko Ono

    1971年にアメリカへ移住し、平和運動を続けるジョンは2度国外退去を求められた。以来、5年の闘いを経て76年7月27日にグリーンカードを取得。ついに永住権を得た。このグリーンカードは闘いの証しともいえる (c)Yoko Ono

  • 関連記事

    • 故郷から故郷へ 生誕80年記念「ジョン&ヨーコ」展、日本開催

      故郷から故郷へ 生誕80年記念「ジョン&ヨーコ」展、日本開催

    • ジョン・レノン&オノ・ヨーコ 出会いの「YES」から別居期間「失われた週末」の足跡

      ジョン・レノン&オノ・ヨーコ 出会いの「YES」から別居期間「失われた週末」の足跡

    • 「オーシャンズ8」は演技派女優が勢ぞろい 専門家の評価は?

      「オーシャンズ8」は演技派女優が勢ぞろい 専門家の評価は?

    写真の記事を読む
1969年に撮影された二人の仲を象徴する写真。世界一有名なカップルは、世界を変えるクリエーティビティーを発揮し、世界のアートシーンに影響を与えた Photo by Iain Macmillan (c)Yoko Ono
1969年にアムステルダムとモントリオールで行われた平和活動の“Bed In(ベッド・イン)”。ベトナム戦争などによるアメリカ、ヨーロッパでの社会不安を背景に、愛とユーモアで平和を訴えた Photo by Ivor Sharp. (c)Yoko Ono
1969年の「ベッド・イン」でジョンがイラストを描いたギブソン製のアコースティックギター。サウンドホールとピックガード周囲には生々しく弾き傷が残る Photo by Miki Slingsby /Courtesy of Yoko Ono
ジョン・レノンが描いた日本語練習スケッチブックの原画 “KAZOKU(家族)”。BOKUNO KANAI DESU(僕の家内です)、WATAKUSHI NO SHUJIN DESU(私の主人です)などとローマ字で書かれている (c)Yoko Ono Lennon
同じく日本語練習スケッチブックの原画“AMAI(甘い)”。それぞれの味と口にしたときの表情と、“日本語を 話せば話すほど上手になります”と、少し自慢げに書かれている (c)Yoko Ono Lennon
1979年、ジョン、ヨーコ、そしてショーンが度々訪れていたという軽井沢での一枚。このときジョンとヨーコが着用していた洋服も展示されている。ジョンが望んだ平和なひとときを感じる Photo by Nishi F. Saimaru (c)Nishi F. Saimaru & (c)Yoko Ono
楽曲「イマジン」の手書きの歌詞。ニューヨークのヒルトンホテルの便せんにブラックのペンで書かれている。「イマジン」は、ヨーコの詩集『グレープフルーツ』から着想を得たとジョンは語っている (c)Yoko Ono
1971年にアメリカへ移住し、平和運動を続けるジョンは2度国外退去を求められた。以来、5年の闘いを経て76年7月27日にグリーンカードを取得。ついに永住権を得た。このグリーンカードは闘いの証しともいえる (c)Yoko Ono
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 【ギャラリー】横尾忠則 連作アート「WITH CORONA」

    【ギャラリー】横尾忠則 連作アート「WITH CORONA」

    6/30

    天才振付師・ミルピエ ダンサーを写真で表現する意義とは?

    天才振付師・ミルピエ ダンサーを写真で表現する意義とは?

    AERA

    4/30

  • ヒーローから一転…イーストウッドが衝撃の実話を映画化

    ヒーローから一転…イーストウッドが衝撃の実話を映画化

    週刊朝日

    1/25

    【写真特集】SLに乗ろう!

    【写真特集】SLに乗ろう!

    8/12

  • カンヌ国際映画祭の様子をお届け!

    カンヌ国際映画祭の様子をお届け!

    5/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す