更年期リスクを減らす朝・昼・晩すきま時間の3つ習慣

  • 【朝1】目が覚めたら仰向けになったまま、息を吸いながら、手足を縦方向に引っ張り合うように全身をグーッと伸ばします。10秒行い、そのあと力を緩めてリラックス。息を吐き出します。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

    【朝1】目が覚めたら仰向けになったまま、息を吸いながら、手足を縦方向に引っ張り合うように全身をグーッと伸ばします。10秒行い、そのあと力を緩めてリラックス。息を吐き出します。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

  • 【朝2】続けて両手足を上げて、10秒ほどブラブラと動かす。ひざは伸ばしても曲げてもOK。揺らすスピードも無理のない範囲で行い、自分が気持ちいいと感じるように行って。手足を上げて揺らすことで、末端の血管まで新鮮な血液や酸素が巡っていきます。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

    【朝2】続けて両手足を上げて、10秒ほどブラブラと動かす。ひざは伸ばしても曲げてもOK。揺らすスピードも無理のない範囲で行い、自分が気持ちいいと感じるように行って。手足を上げて揺らすことで、末端の血管まで新鮮な血液や酸素が巡っていきます。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

  • 【昼1】階段を上るときは、頭の上からひもで引っ張られているイメージで背筋を伸ばします。両足のつま先、ひざは正面に向け、太ももから引き上げるようにして脚を上げます。前に出ている脚はしっかり伸ばして、かかとから着地。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

    【昼1】階段を上るときは、頭の上からひもで引っ張られているイメージで背筋を伸ばします。両足のつま先、ひざは正面に向け、太ももから引き上げるようにして脚を上げます。前に出ている脚はしっかり伸ばして、かかとから着地。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

  • 【昼2】下るときも背筋は伸ばし、視線は斜め下へ。両足のつま先、ひざは正面に向けて、つま先から着地します。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

    【昼2】下るときも背筋は伸ばし、視線は斜め下へ。両足のつま先、ひざは正面に向けて、つま先から着地します。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

  • 【夜1】あぐらをかいて座り、恥骨からおへそまでが床と垂直になるよう姿勢を正します。両手をお腹にあて、鼻から息を吸いながら、お腹をふくらませ、顔を上に向けます(無理のない範囲で)。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

    【夜1】あぐらをかいて座り、恥骨からおへそまでが床と垂直になるよう姿勢を正します。両手をお腹にあて、鼻から息を吸いながら、お腹をふくらませ、顔を上に向けます(無理のない範囲で)。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

  • 【夜2】姿勢はそのままで、口から「はぁ~」と8秒かけて息をはき、お腹を凹ませながら、2重あごになるくらいしっかりあごを引く。首のつけ根を伸ばすように。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

    【夜2】姿勢はそのままで、口から「はぁ~」と8秒かけて息をはき、お腹を凹ませながら、2重あごになるくらいしっかりあごを引く。首のつけ根を伸ばすように。(撮影/あかね写真館 大石一栄)

  • 関連記事

    • 40歳から更年期リスクを減らすには? 朝・昼・晩すきま時間の3つ習慣

      40歳から更年期リスクを減らすには? 朝・昼・晩すきま時間の3つ習慣

    • 土日 どんな服装で出かける? お花見にコートが必要な所は? 暖かい洋服を選んで

      土日 どんな服装で出かける? お花見にコートが必要な所は? 暖かい洋服を選んで

    • 昼寝も意外と大事だった! コロナ禍で狂った体内時計を調整する朝・昼・晩の対策

      昼寝も意外と大事だった! コロナ禍で狂った体内時計を調整する朝・昼・晩の対策

    写真の記事を読む
【朝1】目が覚めたら仰向けになったまま、息を吸いながら、手足を縦方向に引っ張り合うように全身をグーッと伸ばします。10秒行い、そのあと力を緩めてリラックス。息を吐き出します。(撮影/あかね写真館 大石一栄)
【朝2】続けて両手足を上げて、10秒ほどブラブラと動かす。ひざは伸ばしても曲げてもOK。揺らすスピードも無理のない範囲で行い、自分が気持ちいいと感じるように行って。手足を上げて揺らすことで、末端の血管まで新鮮な血液や酸素が巡っていきます。(撮影/あかね写真館 大石一栄)
【昼1】階段を上るときは、頭の上からひもで引っ張られているイメージで背筋を伸ばします。両足のつま先、ひざは正面に向け、太ももから引き上げるようにして脚を上げます。前に出ている脚はしっかり伸ばして、かかとから着地。(撮影/あかね写真館 大石一栄)
【昼2】下るときも背筋は伸ばし、視線は斜め下へ。両足のつま先、ひざは正面に向けて、つま先から着地します。(撮影/あかね写真館 大石一栄)
【夜1】あぐらをかいて座り、恥骨からおへそまでが床と垂直になるよう姿勢を正します。両手をお腹にあて、鼻から息を吸いながら、お腹をふくらませ、顔を上に向けます(無理のない範囲で)。(撮影/あかね写真館 大石一栄)
【夜2】姿勢はそのままで、口から「はぁ~」と8秒かけて息をはき、お腹を凹ませながら、2重あごになるくらいしっかりあごを引く。首のつけ根を伸ばすように。(撮影/あかね写真館 大石一栄)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • フランス人は朝ごはんに何を食べている?

    フランス人は朝ごはんに何を食べている?

    BOOKSTAND

    3/10

    転んで死なないために! 筋トレより簡単な “小脳トレーニング”

    転んで死なないために! 筋トレより簡単な “小脳トレーニング”

    週刊朝日

    6/12

  • 「昼間に魚が釣れにくいのはなぜ?」 小さな研究者が編み出した実験方法とは
    筆者の顔写真

    山田洋文

    「昼間に魚が釣れにくいのはなぜ?」 小さな研究者が編み出した実験方法とは

    AERA

    6/7

    元気な肝臓をつくる食事とは 朝食抜きはNG、食後のごろ寝は?

    元気な肝臓をつくる食事とは 朝食抜きはNG、食後のごろ寝は?

    週刊朝日

    7/5

  • 4日(木)の「服装指数」 きょうは何を着る?

    4日(木)の「服装指数」 きょうは何を着る?

    tenki.jp

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す