【写真特集】正倉院宝物の美

  • 平螺鈿背八角鏡/「正倉院の世界」展(後期)8世紀。花弁の形をした銅鏡で、背面に琥珀と螺鈿(らでん)で「宝相華(ほうそうげ)」という天上界の花を表現する(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    平螺鈿背八角鏡/「正倉院の世界」展(後期)8世紀。花弁の形をした銅鏡で、背面に琥珀と螺鈿(らでん)で「宝相華(ほうそうげ)」という天上界の花を表現する(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 衲御礼履/正倉院展 752年の大仏開眼会で聖武天皇が履いたものと考えられている。長さ31.5cm、幅14.5cm。内側は軟らかい鹿革を、外側は牛革を赤く染めたものを用いている(奈良)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    衲御礼履/正倉院展 752年の大仏開眼会で聖武天皇が履いたものと考えられている。長さ31.5cm、幅14.5cm。内側は軟らかい鹿革を、外側は牛革を赤く染めたものを用いている(奈良)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 雑集/「正倉院の世界」展(後期) 聖武天皇筆、731年。聖武天皇唯一の直筆で31歳の時の書と考えられている(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    雑集/「正倉院の世界」展(後期) 聖武天皇筆、731年。聖武天皇唯一の直筆で31歳の時の書と考えられている(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 黄熟香/「正倉院の世界」展 東南アジア原産の香木沈香の一種。別名「蘭奢待(らんじゃたい)」。長さ156cm、最大径43cm、重量11.6kg(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    黄熟香/「正倉院の世界」展 東南アジア原産の香木沈香の一種。別名「蘭奢待(らんじゃたい)」。長さ156cm、最大径43cm、重量11.6kg(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 白瑠璃碗/「正倉院の世界」展(後期) ササン朝ペルシャで製作されたカットグラスの碗。口径12cm、高さ8.5cm。円形の切子装飾が施されている(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    白瑠璃碗/「正倉院の世界」展(後期) ササン朝ペルシャで製作されたカットグラスの碗。口径12cm、高さ8.5cm。円形の切子装飾が施されている(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 赤漆文欟木御厨子/正倉院展 天武天皇から孝謙天皇まで6代にわたって使われた厨子で、聖武天皇・光明皇后ゆかりの品を納めていた(奈良)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    赤漆文欟木御厨子/正倉院展 天武天皇から孝謙天皇まで6代にわたって使われた厨子で、聖武天皇・光明皇后ゆかりの品を納めていた(奈良)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 紺夾纈絁几褥(こんきょうけちあしぎぬのきじょく/「正倉院の世界」展(後期) 8世紀。仏に供物を捧げる時に机の上に敷かれたもので、花樹の下に水鳥を左右対称に描く(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    紺夾纈絁几褥(こんきょうけちあしぎぬのきじょく/「正倉院の世界」展(後期) 8世紀。仏に供物を捧げる時に机の上に敷かれたもので、花樹の下に水鳥を左右対称に描く(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 正倉院/奈良市の東大寺大仏殿の北西にある校倉造りの高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品など多数の美術工芸品を収蔵してきた(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    正倉院/奈良市の東大寺大仏殿の北西にある校倉造りの高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品など多数の美術工芸品を収蔵してきた(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 螺鈿紫檀五絃琵琶/「正倉院の世界」展(前期) 長さ108.1cm、最大幅30.9cm。表面には螺鈿(らでん)でラクダなどの文様を表現する(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

    螺鈿紫檀五絃琵琶/「正倉院の世界」展(前期) 長さ108.1cm、最大幅30.9cm。表面には螺鈿(らでん)でラクダなどの文様を表現する(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)

  • 関連記事

    • 【写真特集】受け継がれる正倉院の秘宝

      【写真特集】受け継がれる正倉院の秘宝

    • 年に一度公開される正倉院の秘宝 受け継がれてきた世界文化遺産

      年に一度公開される正倉院の秘宝 受け継がれてきた世界文化遺産

    • 織田信長も削った?正倉院宝物の香木の数奇な歴史 里中満智子が魅力を語る

      織田信長も削った?正倉院宝物の香木の数奇な歴史 里中満智子が魅力を語る

    写真の記事を読む
平螺鈿背八角鏡/「正倉院の世界」展(後期)8世紀。花弁の形をした銅鏡で、背面に琥珀と螺鈿(らでん)で「宝相華(ほうそうげ)」という天上界の花を表現する(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
衲御礼履/正倉院展 752年の大仏開眼会で聖武天皇が履いたものと考えられている。長さ31.5cm、幅14.5cm。内側は軟らかい鹿革を、外側は牛革を赤く染めたものを用いている(奈良)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
雑集/「正倉院の世界」展(後期) 聖武天皇筆、731年。聖武天皇唯一の直筆で31歳の時の書と考えられている(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
黄熟香/「正倉院の世界」展 東南アジア原産の香木沈香の一種。別名「蘭奢待(らんじゃたい)」。長さ156cm、最大径43cm、重量11.6kg(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
白瑠璃碗/「正倉院の世界」展(後期) ササン朝ペルシャで製作されたカットグラスの碗。口径12cm、高さ8.5cm。円形の切子装飾が施されている(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
赤漆文欟木御厨子/正倉院展 天武天皇から孝謙天皇まで6代にわたって使われた厨子で、聖武天皇・光明皇后ゆかりの品を納めていた(奈良)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
紺夾纈絁几褥(こんきょうけちあしぎぬのきじょく/「正倉院の世界」展(後期) 8世紀。仏に供物を捧げる時に机の上に敷かれたもので、花樹の下に水鳥を左右対称に描く(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
正倉院/奈良市の東大寺大仏殿の北西にある校倉造りの高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品など多数の美術工芸品を収蔵してきた(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
螺鈿紫檀五絃琵琶/「正倉院の世界」展(前期) 長さ108.1cm、最大幅30.9cm。表面には螺鈿(らでん)でラクダなどの文様を表現する(東京)(写真:宮内庁正倉院事務所提供)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 遂に待望のリニューアルオープン!国立歴史民俗博物館・新第一展示室は迫力満点

    遂に待望のリニューアルオープン!国立歴史民俗博物館・新第一展示室は迫力満点

    tenki.jp

    5/2

    湘南海岸で描く世界への思い【世界音楽放浪記 vol.18】

    湘南海岸で描く世界への思い【世界音楽放浪記 vol.18】

    Billboard JAPAN

    10/22

  • 日本史の森をゆく史料が語るとっておきの42話

    日本史の森をゆく史料が語るとっておきの42話

    週刊朝日

    2/26

    かつては薬の王様だった? ビワが旬の季節です

    かつては薬の王様だった? ビワが旬の季節です

    tenki.jp

    5/19

  • EXILE TRIBE、窪田正孝、山田裕貴、早乙女太一ら総勢62人の横並びビジュアル公開

    EXILE TRIBE、窪田正孝、山田裕貴、早乙女太一ら総勢62人の横並びビジュアル公開

    Billboard JAPAN

    4/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す