織田信長も削った?正倉院宝物の香木の数奇な歴史 里中満智子が魅力を語る

2019/11/12 08:00

 正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に会する特別展「正倉院の世界─皇室がまもり伝えた美─」が東京・上野の東京国立博物館で10月14日から始まった。「御即位記念第71回正倉院展」も奈良国立博物館で同26日から開かれている。今回、初公開となる品々を含む両展の見どころはどこなのか。持統天皇の生涯を描いた『天上の虹』など、古代を舞台にした多くの歴史漫画を世に送り出してきた漫画家の里中満智子さんに聞いた。AERA 2019年11月11日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 年に一度公開される正倉院の秘宝 受け継がれてきた世界文化遺産

    年に一度公開される正倉院の秘宝 受け継がれてきた世界文化遺産

    週刊朝日

    9/30

    5月18日は「国際博物館の日」。今週末は博物館に足を運んでみませんか?

    5月18日は「国際博物館の日」。今週末は博物館に足を運んでみませんか?

    tenki.jp

    5/18

  • かつては薬の王様だった? ビワが旬の季節です

    かつては薬の王様だった? ビワが旬の季節です

    tenki.jp

    5/19

    【写真特集】正倉院宝物の美

    【写真特集】正倉院宝物の美

    11/12

  • 【写真特集】受け継がれる正倉院の秘宝

    【写真特集】受け継がれる正倉院の秘宝

    9/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す