原発事故から7年。福島の避難区域と避難者たちは今…

 復興五輪とも称される東京オリンピックまで後2年。開催が近づくにつれ、世界からの福島への関心も高まることが予想される。確かに、震災、そして放射能被害の爪痕はいまだ深い。原発近隣の双葉町と大熊町の大部分はいまだ帰還困難区域に指定されており、仮設住宅も稼働し続けている。住民たちは今、何を想うのか。

【関連記事】
東京五輪まであと2年 「福島で野球ができるのか」と迫る米メディア

文・写真=新垣謙太郎、小神野真弘

あわせて読みたい

  • 東京五輪まであと2年 「福島で野球ができるのか」と迫る米メディア

    東京五輪まであと2年 「福島で野球ができるのか」と迫る米メディア

    dot.

    5/1

    1億円受け取る世帯があれば、わずか8万円の人も…福島原発「強制避難者」と「自主避難者」に差

    1億円受け取る世帯があれば、わずか8万円の人も…福島原発「強制避難者」と「自主避難者」に差

    AERA

    3/7

  • 「自主避難者」住宅の無償提供が打ち切り! 福島県「17年3月まで」と発表

    「自主避難者」住宅の無償提供が打ち切り! 福島県「17年3月まで」と発表

    AERA

    6/29

    「カネは怖い」原発賠償で差で住民らに亀裂

    「カネは怖い」原発賠償で差で住民らに亀裂

    AERA

    3/20

  • 放置された排気筒の破断 置き去りにされた福島第一原発

    放置された排気筒の破断 置き去りにされた福島第一原発

    週刊朝日

    10/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す