平昌五輪が目前に! 京江線をおにぎり1個で12時間の旅

 平昌五輪の開幕に向け、韓国鉄道公社(KORAIL)が新路線を開業した。京江線の萬鐘から江陵までの120.2キロ。鉄道空白地帯だった大関嶺などの山岳地帯を横断し、五輪会場にアクセスする。韓国の鉄道旅行を50回繰り返してきた“乗りテツ”のレジャーライター植村誠さん(52)が五輪開幕を待たずに現地に飛んだ。その様子をフォトギャラリーで紹介する。

取材・文・撮影=植村誠

【関連記事】
「テツは平昌五輪まで待てない」開業直後の京江線をおにぎり1個で12時間の旅

週刊朝日オンライン限定記事

あわせて読みたい

  • 「テツは平昌五輪まで待てない」開業直後の京江線をおにぎり1個で12時間の旅

    「テツは平昌五輪まで待てない」開業直後の京江線をおにぎり1個で12時間の旅

    週刊朝日

    1/27

    こんなところにポツンと駅が!韓国でも大人気の「秘境駅」に降りてみた

    こんなところにポツンと駅が!韓国でも大人気の「秘境駅」に降りてみた

    dot.

    2/21

  • 坂本花織、宮原知子…平昌五輪アスリートの意外な験担ぎ 

    坂本花織、宮原知子…平昌五輪アスリートの意外な験担ぎ 

    dot.

    2/9

    平昌五輪メダル候補が集結! 札幌アジア大会注目の選手たち

    平昌五輪メダル候補が集結! 札幌アジア大会注目の選手たち

    dot.

    2/18

  • ギョギョギョー!冬の間の魚たちのしのぎ・七十二侯「魚上氷(うおこおりをいずる)」

    ギョギョギョー!冬の間の魚たちのしのぎ・七十二侯「魚上氷(うおこおりをいずる)」

    tenki.jp

    2/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す