夏草は語る 7年目のフクシマ

  • 東京電力福島第一原発から北西約3キロにある東京電力双葉社宅。2階まで雑草が伸び、草に覆われた車が並んでいた

    東京電力福島第一原発から北西約3キロにある東京電力双葉社宅。2階まで雑草が伸び、草に覆われた車が並んでいた

  • 以前、田んぼだった双葉町の沿岸部。津波の浸水域で、車も流されてきたとみられる

    以前、田んぼだった双葉町の沿岸部。津波の浸水域で、車も流されてきたとみられる

  • 2011年4月25日に、左上の写真と同じ場所を撮影した一枚。撮影=相場郁朗(朝日新聞社)

    2011年4月25日に、左上の写真と同じ場所を撮影した一枚。撮影=相場郁朗(朝日新聞社)

  • 雑草が生い茂る大熊町立熊町小の校庭。白いサッカーゴールのネットは所々破れ、遊具は草に埋もれていた。かつて子供たちが走り回った場所にセミの鳴き声が響いていた

    雑草が生い茂る大熊町立熊町小の校庭。白いサッカーゴールのネットは所々破れ、遊具は草に埋もれていた。かつて子供たちが走り回った場所にセミの鳴き声が響いていた

  • 大熊町の国道6号沿いに残る大型商業施設「PLANT-4 大熊店」の駐車場。アスファルトの亀裂から生えた雑草が時の流れを感じさせる

    大熊町の国道6号沿いに残る大型商業施設「PLANT-4 大熊店」の駐車場。アスファルトの亀裂から生えた雑草が時の流れを感じさせる

  • 関連記事

    • 「7年目のフクシマ」空撮で見えた今…

      「7年目のフクシマ」空撮で見えた今…

    • 巨大画「フクシマ」 カタカナの題に込めた思い

      巨大画「フクシマ」 カタカナの題に込めた思い

    • 写真家が見つめる東電福島第一原発

      写真家が見つめる東電福島第一原発

    写真の記事を読む
東京電力福島第一原発から北西約3キロにある東京電力双葉社宅。2階まで雑草が伸び、草に覆われた車が並んでいた
以前、田んぼだった双葉町の沿岸部。津波の浸水域で、車も流されてきたとみられる
2011年4月25日に、左上の写真と同じ場所を撮影した一枚。撮影=相場郁朗(朝日新聞社)
雑草が生い茂る大熊町立熊町小の校庭。白いサッカーゴールのネットは所々破れ、遊具は草に埋もれていた。かつて子供たちが走り回った場所にセミの鳴き声が響いていた
大熊町の国道6号沿いに残る大型商業施設「PLANT-4 大熊店」の駐車場。アスファルトの亀裂から生えた雑草が時の流れを感じさせる
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • びっしり並ぶタンク、一方で温かい食事…福島第一原発の「奇妙な安定感」

    びっしり並ぶタンク、一方で温かい食事…福島第一原発の「奇妙な安定感」

    AERA

    2/28

    忘れられた福島・双葉町 中間貯蔵施設ルポ

    忘れられた福島・双葉町 中間貯蔵施設ルポ

    週刊朝日

    5/3

  • 原発事故から4年後、中3の決断 「ふたば未来学園高校」に入学した子どもたち

    原発事故から4年後、中3の決断 「ふたば未来学園高校」に入学した子どもたち

    dot.

    3/27

    室井佑月「菅元首相を人身御供に差し出したってこと?」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「菅元首相を人身御供に差し出したってこと?」

    週刊朝日

    9/25

  • 原発に「働く」という普遍的テーマ捉える 立場超えた現場の思いを知るための必読書

    原発に「働く」という普遍的テーマ捉える 立場超えた現場の思いを知るための必読書

    AERA

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す