文豪の愛した一皿 京都・大阪編

明石の鯛を笹で包んだ寿司、燗酒によく合う鯨のおでん……。
関西らしい一皿に舌鼓を打ち、文士は創作意欲をわき立たせた。

【関連記事】
志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?
【関連フォトギャラリー】
文豪の愛した一皿

撮影/写真部・松永卓也、取材・文/菊地武顕(本誌)
週刊朝日 2015年10月30日号

あわせて読みたい

  • 志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    週刊朝日

    10/26

    今年95歳の瀬戸内寂聴が元気なのは◯◯のおかげ

    今年95歳の瀬戸内寂聴が元気なのは◯◯のおかげ

    週刊朝日

    2/28

  • 小説の神様の世界に触れる、志賀直哉氏の命日

    小説の神様の世界に触れる、志賀直哉氏の命日

    tenki.jp

    10/21

    10月21日は近代文学の「長兄」志賀直哉の命日「直哉忌」です

    10月21日は近代文学の「長兄」志賀直哉の命日「直哉忌」です

    tenki.jp

    10/21

  • 文豪たちの悪口本

    文豪たちの悪口本

    週刊朝日

    8/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す