フォトギャラリー - 写真・図版 | 文豪の愛した一皿|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

文豪の愛した一皿

このエントリーをはてなブックマークに追加

森鴎外「蓮玉へ寄って蕎麦を一杯食って行こうか」と、岡田が提議した[雁]
昔ながらのせいろそば1000円。数量限定
「蓮玉庵」は、安政6(1859)年に上野・不忍池そばに開店した。『雁』の中には〈そのころ下谷から本郷へかけて一番名高かった蕎麦屋である〉という記述が出てくる。その味を求めて、鴎外、坪内逍遥、樋口一葉らが通い、斎藤茂吉は〈池之端の蓮玉庵に吾も入りつ上野公園に行く道すがら〉と詠んでいる。€
 昭和29年に、今の場所に移転した。今秋から昔の蕎麦を再現した新メニューが登場。平打ちの麺で、噛むとほのかな甘みが感じられる。明治の文士たちが好んで食べたのも、このような蕎麦だったのだろうか
(撮影/写真部・松永卓也)

森鴎外
「蓮玉へ寄って蕎麦を一杯食って行こうか」と、岡田が提議した
[雁]

昔ながらのせいろそば1000円。数量限定
「蓮玉庵」は、安政6(1859)年に上野・不忍池そばに開店した。『雁』の中には〈そのころ下谷から本郷へかけて一番名高かった蕎麦屋である〉という記述が出てくる。その味を求めて、鴎外、坪内逍遥、樋口一葉らが通い、斎藤茂吉は〈池之端の蓮玉庵に吾も入りつ上野公園に行く道すがら〉と詠んでいる。€
 昭和29年に、今の場所に移転した。今秋から昔の蕎麦を再現した新メニューが登場。平打ちの麺で、噛むとほのかな甘みが感じられる。明治の文士たちが好んで食べたのも、このような蕎麦だったのだろうか
(撮影/写真部・松永卓也)



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい