フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「U25」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「U25」

このエントリーをはてなブックマークに追加

闘うだけが

闘うだけが"強い"じゃない 千葉大学大学院融合科学研究科1年生
ロシア武術「システマ」の指導者
立川恭太郎
1989年12月10日生まれ

 全身の力を抜く。タコのようにぐにゃぐにゃと体を動かし、殴りかかる相手をするりとかわす。肩に軽く手を当てたかと思うと、相手はあっけなく地に転がった。力でぶつかるのではない。相手を受け流し、闘いを収める──ロシア武術「システマ」の動作は、川の流れのようにおだやかで、美しさすら感じる。
 千葉大学の大学院に通う立川恭太郎は、日本で最年少のシステマインストラクター研修生だ。4月にサークル「システマ千葉大」を立ち上げた。週に2回、大学の武道場や近くの公民館で鍛錬する。学生だけでなく、一般の人にも教えている。
 もとはロシア特殊部隊で開発された格闘術だ。ロシアの伝統武術と健康法を融合させ、「最強の護身術」ともいわれる。戦闘用の残忍な格闘術を想像するかもしれないが、心身の健康にも効果のある武術として、日本でも愛好者がじわりと増えている。
 立川がひかれたのは、システマの中に日本古来の「和合」の精神を見たからだ。 写真:東川哲也 ライター:小野美由紀