フォトギャラリー - 写真・図版 | 【地球の旅人 東苑泰子の東遊西撮記 ユーラシア横断編】第2回 中国の人海を泳ぐ|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【地球の旅人 東苑泰子の東遊西撮記 ユーラシア横断編】第2回 中国の人海を泳ぐ


【中国 西安】大真清寺。中国は歴史的には、仏教、イスラム教、キリスト教など、様々な宗教が共存してきた。西安では、西域とのつながりの強いイスラム教徒の回族が、今でも中心部の鼓楼の周りに町を形成している。その町にはいくつかモスクがあるが、中でも一番大きいものは、742年に創建された。その後時代ごとに修復され、今残っているのは、明、清時代のもの。一見モスクと分からないのは、ドームがなく、ほぼ中国式の建物だからだ。朝、夕の礼拝も聞こえないが、わずかに見られるアラビア文字と装飾に、イスラムの伝統を垣間見る

【中国 西安】大真清寺。中国は歴史的には、仏教、イスラム教、キリスト教など、様々な宗教が共存してきた。西安では、西域とのつながりの強いイスラム教徒の回族が、今でも中心部の鼓楼の周りに町を形成している。その町にはいくつかモスクがあるが、中でも一番大きいものは、742年に創建された。その後時代ごとに修復され、今残っているのは、明、清時代のもの。一見モスクと分からないのは、ドームがなく、ほぼ中国式の建物だからだ。朝、夕の礼拝も聞こえないが、わずかに見られるアラビア文字と装飾に、イスラムの伝統を垣間見る



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

html":$uri}@@@
あわせて読みたい あわせて読みたい