「パーキンソン病」に関する記事一覧

歩こうとしても足が動かない! パーキンソン病は薬の効く時間が短くなる 進行を遅らせる生活習慣は?
歩こうとしても足が動かない! パーキンソン病は薬の効く時間が短くなる 進行を遅らせる生活習慣は?

パーキンソン病は、糖尿病などの生活習慣病と同様に「生涯つきあう病気」で、治療では自分に合った薬を使って、体の動きをうまく調節できなくなる「運動症状」をコントロールしていきます。長く服用していると薬の効く時間が短くなるなどしますが、その場合は薬を調整することで、できるだけ生活に支障が生じないようにすることが大切です。治療や病気との上手な向き合い方などについて、パーキンソン病を専門とする脳神経内科の医師に聞きました。この記事は、週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「パーキンソン病」全3回の3回目です。

dot.
なぜパーキンソン病は別の病気に間違われやすいのか? 足を引きずる症状から脊柱管狭窄症手術を受けた人も
なぜパーキンソン病は別の病気に間違われやすいのか? 足を引きずる症状から脊柱管狭窄症手術を受けた人も
パーキンソン病では、神経伝達物質の一種「ドパミン」が減少しています。その結果、体の動きをうまく調節できなくなる「運動症状」に加え、便秘、不安、睡眠障害など多彩な「非運動症状」も起こります。症状に気づき、診断から治療開始へとスムーズに進む例もあれば、適切な診断にたどり着くのに時間がかかる例もあります。診断までのプロセスや間違いやすい病気などについて、パーキンソン病を専門とする脳神経内科の医師に聞きました。この記事は、週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「パーキンソン病」全3回の2回目です。
パーキンソン病名医
dot. 10/11
手のふるえはパーキンソン病のサイン? 「生真面目な性格」が発症に影響という指摘も【チェックリスト】
手のふるえはパーキンソン病のサイン? 「生真面目な性格」が発症に影響という指摘も【チェックリスト】
パーキンソン病という病名を聞いたことはあっても、どんな病気なのかはよく知らない人は少なくないようです。日本での患者の割合は約1000人に1人と、パーキンソン病は決して「珍しい病気」ではなく、治療で症状をコントロールしながら、仕事を続けたり、趣味などを楽しんだりできます。症状や発症の仕組みなどについて、パーキンソン病を専門とする脳神経内科の医師に聞きました。この記事は、週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「パーキンソン病」全3回の1回目です。
名医パーキンソン病
dot. 10/4
【パーキンソン病】薬では進行を止められない 症状を抑えられなくなったら手術を検討
【パーキンソン病】薬では進行を止められない 症状を抑えられなくなったら手術を検討
週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、その患者がたどる治療選択について、専門の医師に取材してどのような基準で判断をしていくのか解説記事を掲載している。ここでは、「パーキンソン病」の解説を紹介する。
いい病院パーキンソン病病気
dot. 3/25
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
1
カテゴリから探す
ニュース
〈国民と触れ合う皇室〉佳子さま、キリリとした表情で公務に励む 精力的な姿に辛酸なめ子さんが感じた「決意」とは
〈国民と触れ合う皇室〉佳子さま、キリリとした表情で公務に励む 精力的な姿に辛酸なめ子さんが感じた「決意」とは
佳子さま
dot. 4時間前
教育
万引きを繰り返す「クレプトマニア」の元受刑者の女性50歳が続ける「償い」 「たたかれるのは承知」
万引きを繰り返す「クレプトマニア」の元受刑者の女性50歳が続ける「償い」 「たたかれるのは承知」
クレプトマニア
dot. 6時間前
エンタメ
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「遠くにあるからよく見えることもある」銀のインディアン座
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「遠くにあるからよく見えることもある」銀のインディアン座
ゲッターズ飯田
dot. 3時間前
スポーツ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
メジャーリーグ
dot. 21時間前
ヘルス
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
いい病院
dot. 7/14
ビジネス
AIは本当にホワイトカラーの仕事を奪い始めたのか ? 過熱する「懸念」への現時点の回答 崔真淑
AIは本当にホワイトカラーの仕事を奪い始めたのか ? 過熱する「懸念」への現時点の回答 崔真淑
生成AI
dot. 4時間前