「がん」に関する記事一覧

  • 【膵がん手術】「切除不能」でも、化学療法で「可能」になるケースが増加中

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    4/2

  • 【胃がん内視鏡治療】適応は年々拡大 3センチを超える病変でも治療可能なケースも

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    4/1

  • 【大腸がん手術】肛門を残すか、人工肛門にするかが大きな選択肢に

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/29

  • 【肝がん治療】再発が多い病気 手術するかどうか迷うケースも

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/22

  • 【乳がん手術】女性の11人に1人が診断 外見の変化も含めて治療選択を

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/21

  • 【肺がん手術】どこまで切る? 最近はより小さく切除する病院も

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/20

この人と一緒に考える

  • 【心カテーテル治療】治療の選択肢が増加 新たな検査方法で診断技術も低侵襲に

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/19

  • 【子宮・卵巣がん手術】薬物療法が大きく進歩 従来よりも生存期間の延長に期待が高まる

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/17

  • 【胃がん手術】開腹か腹腔鏡か がんを「確実に取る」ことを第一に考えて選択を

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/16

  • 【食道がん手術】III期でも治療成績が向上 オプジーボによる「術後化学療法」が標準的に

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/15

  • 【前立腺がん治療】正しい治療法の選び方は? 放射線か手術かで苦慮するケースも

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/13

  • 【腎がん手術】腎機能を温存し慢性腎臓病のリスクを減らす治療法は? 専門医が解説

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/12

この話題を考える

  • “がん飲み会”なぜ好評?「不安に向き合う方法は、医者は教えない」

    「こんばんは。がん治療医の押川勝太郎です。今日も日曜日恒例のがん相談飲み会を開始します。今日の飲みものは──」 日曜日の夜7時。視聴者のがんにまつわる悩みについて、押川医師がリアルタイムで相談にのると

    週刊朝日

    3/11

  • 「この病院で手術を受けていいのか」迷ったら…がん専門医が明言する「病院を変えていい」理由

     ある程度の規模の病院でがんと診断がつくと、その病院で手術をする前提で話が進んでいく。一昔前なら、「ほかの病院に変えたい」と思ったところで医師にそんなことは言いづらく、そのままその病院で手術を受ける人

    dot.

    3/11

  • がんになる前に知るべき「がん防災」 専門書でも正反対の記述あり

     今や2人に1人ががんになる時代。いつ、だれの身に起きてもおかしくない。ならば、災害と同じように防災として考えよう。普段から備えておくことで、「もしも」の際にも慌てず対処したい。*  *  * 202

    週刊朝日

    3/10

  • コロナ受け入れ病院はがんや心臓病の治療にどう対応した? 相次いだ手術の延期や制限

     コロナ禍で、がんや心臓病などの手術はどうなったのか。好評発売中の週刊朝日ムック『いい病院2022』(朝日新聞出版)では、新型コロナウイルスの流行が、医療界の「手術」へ与えた影響について迫った。『いい

    dot.

    3/9

  • コロナ禍でがん手術数が「減った」病院、「増えた」病院はどこ? 健診受診率低下で早期発見の遅れ

     コロナ禍で、がんや心臓病などの手術はどうなったのか。好評発売中の週刊朝日ムック『いい病院2022』(朝日新聞出版)では、新型コロナウイルスの流行が、医療界の「手術」へ与えた影響について迫った。『いい

    dot.

    3/8

  • 肺がん手術数20年連続全国1位の病院は? トップの理由は「患者を元気に帰す」ための2つのこだわり

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』創刊以来20年にわたって、肺がん手術の手術数ランキング1位であり続けている国立がん研究センター中央病院。同院呼吸器外科を率いる渡辺俊一医師は、トップを維持でき

    dot.

    3/6

1 2 3 4 5

カテゴリから探す