「がん」に関する記事一覧

  • 【腎がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 腎臓全摘は慢性腎臓病(CKD)のリスクに

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/28

  • 【膀胱がん手術】サンド伊達は血尿でがん判明 膀胱を温存か全摘か? 専門医が解説

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/27

  • 【前立腺がん治療】患者はどう治療法を選べばいい? 放射線と手術がほぼ同等の治療成績

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/26

  • 【肝がん治療】患者はどう治療法を選べばいい? ラジオ波での治療も選択肢 専門医が解説

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/16

  • 【大腸がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? 追加手術の可能性は? 専門医が解説

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/15

  • 【大腸がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 人工肛門になる、ならないは? 専門医が解説

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/14

この人と一緒に考える

  • 【肺がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「肺をいかに残すか」

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/13

  • 【乳がん手術】患者はどう治療法を選べばいい?乳房温存か全摘か? 専門医が解説

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/11

  • 【胃がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? おなかを切らずにがんを取れ切れる?

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/10

  • 【胃がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「胃全摘は減少傾向」

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/9

  • 佐藤二朗

    佐藤二朗

    すい臓がんステージ4の本田誠人さんが底抜けに明るい声で佐藤二朗さんに電話した理由 

     個性派俳優・佐藤二朗さんが日々の生活や仕事で感じているジローイズムをお届けします。今回は、先月若くして亡くなった本田誠人さんについて。1年ほど前、陽気な声で佐藤さんに電話をかけてきたそうです。*  

    dot.

    2/14

  • 「座りすぎ」でがんリスク1.8倍…軽減には「貧乏ゆすり」が有効! 専門家がおすすめ

     起きている時間の大半を座った状態で過ごし、外出も運動もせずに食べてばかり。そんな生活が10年、20年後のがん人口を増やす可能性があると、AERA 2021年2月8日号で専門家は指摘する。*  *  

    AERA

    2/6

この人と一緒に考える

  • 巣ごもりにがんリスク 「1日3合以上飲酒」「糖質とりすぎ」「日に当たらない」は要注意

     外出も運動もせずに飲みすぎ食べ過ぎ。そんなコロナ禍にしがちな生活習慣が、がんになるリスクを高めている。生活習慣の悪化と向き合い、将来の健康のために見直しが必要だ。AERA 2021年2月8日号は「が

    AERA

    2/6

  • 「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

     がん専門病院においてもコロナ患者受け入れが始まっている。国立がん研究センターは昨年4月から、埼玉県立がんセンターは同12月21日からコロナ患者の受け入れを開始した。さらに、がん研有明病院(東京都江東

    AERA

    2/5

  • 笠井信輔アナ「自分の病気はネット検索しない」 心の安定を保つ「病人のコツ」明かす

     AERA2020年2月10日号では、妻の茅原ますみさんが、夫・笠井信輔さんのがんに対する思いを語ってくれた。2021年2月8日号では、笠井さんは6月に「完全寛解」、当時の思いを二人で振り返る。*  

    AERA

    2/5

  • 「がん検診控え」で未発見1万人の可能性も 「死亡も増えるのではないか」専門家が懸念

     コロナ禍でがん検診は一時ストップし、受診者数は激減した。日本では毎年約100万人ががんと診断され、40万人近くががんで亡くなる。専門家は「検診は不要不急ではない」と訴える。AERA 2021年2月8

    AERA

    2/4

  • がん治療費シミュレーション 進行度で「3.8倍」も違う

     新型コロナによる減収を理由に、がんの検査や治療を控える人が出てきた。だがもしも、がんが進行していれば、初期よりも治療費の負担は大きくなる。ステージが進むほど再発しやすくなることからも、早期発見と早期

    AERA

    2/4

  • 腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

     腫瘍が小さいうちに見つかれば、治りやすい腎がん。部分切除の場合、ロボット手術を実施するケースが増えている。高齢などで手術が難しい場合は、よりからだへの負担が少ない凍結療法という選択肢もある。*  *

    dot.

    2/2

1 2 3 4 5

カテゴリから探す