売り切れ続出した「週刊朝日」丸ごと1冊ネコ特集、今年もやります!! |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

売り切れ続出した「週刊朝日」丸ごと1冊ネコ特集、今年もやります!!

表紙と“初公開”付録カレンダーは岩合光昭さん撮影!連載、人生相談、書評欄までネコづくし!

このエントリーをはてなブックマークに追加
#ねこ

 朝日新聞出版発行の「週刊朝日」2018年12月28日号(12月18日発売、定価400円)は、昨年よりパワーアップしたネコ特集号、第2弾!

 創刊95年超の歴史の中で、初めて表紙にネコを起用したのは昨年12月。発売初日から飛ぶように売れ、各地の書店で完売御礼となりました。読者のみなさんの熱いリクエストに応え、今年は「愛猫に食べさせたい自家製ごはん」「模様でわかるネコの性格診断」といった特集記事も盛りだくさん。さらに充実した誌面をつくりました。

 表紙を撮影したのはもちろん、岩合光昭さん。ネコ撮影の第一人者で、NHK BSプレミアムの冠番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」でも人気の動物写真家です。モデルは岩合さん初監督作品となる映画「ねことじいちゃん」(2019年2月公開)に出演するオスネコのベーコン。岩合さんは本誌の人気連載「マリコのゲストコレクション」で林真理子さんと対談し、ベーコンの撮影秘話のほか、世界各地の野良ネコたちとの出会いなど、愛情あふれるエピソードを明かしています。

 綴じ込み付録は、岩合さん撮影の2019年版カレンダー「子ネコの冒険」。岩合さんのお宅のきょうだいネコも、初公開! 2匹が岩合家に引き取られたきっかけとは?

 さらに! 「ねことじいちゃん」の原作者で、人気漫画家のねこまき(ミューズワーク)さんによる新作描き下ろしカラー漫画「しっぽのお医者さん」もグラビアページに登場!“猫院長”が見る動物病院の日常の物語にほっこりさせられます。グラビアでは、柴咲コウさん、大地真央さん、つるの剛士さんが深い猫愛を明かしてくださっているほか、特集「噂の東京看板猫」、定番連載の「山藤章二のブラック・アングル」「山藤章二の似顔絵塾」「人生の晩餐」「文豪の湯宿」にまでネコ、ネコ、ネコ……

 さらに! さらに!! 本誌が誇る豪華連載執筆陣の内館牧子、池谷裕二、室井佑月、東海林さだお、嵐山光三郎、春風亭一之輔、帯津良一、東尾修、丸山茂樹、津田大介、カトリーヌあやこ、山田美保子、山田清機の各氏らが自身のコラムで「ネコ」に触れています。人気連載漫画「ヘルプマン!!」「パパはなんだかわからない」「ペコロスの母の玉手箱」にもネコが登場。定番のクイズも人生相談も書評欄もぜ~んぶネコ!

 一冊まるまるネコにジャックされた週刊朝日。ネコが出ているページにはかわいい肉球スタンプが押してあります。文章やイラストのどこにネコちゃんが潜んでいるのか、探してみてください。愛猫家のみなさん、今年も売り切れにご注意!

※アマゾンで予約受付中!


■週刊朝日
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20583


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい