• 特集
  • 成功のカギは? 中学受験2022

成功のカギは? 中学受験2022

首都圏では過去最高の受験率を更新するとみられる2022年の中学入試。最新データ、経験者の失敗談、学校選びや子どもとの向き合い方まで。中学受験を「成功」に導くための情報をまとめてお届けします。

  • 中学受験、模試のたびに変動する子どもの「偏差値」どう参考にすればいい?

    中学受験、模試のたびに変動する子どもの「偏差値」どう参考にすればいい?

     コロナ禍にあっても年々増えている中学受験者。「偏差値はどう考える?」「子どもと親とで志望校が異なる場合は?」――中学受験のお悩みに、受験に詳しい「賢人」たちが答えた。AERAムック『偏差値だけに頼ら

    dot.

    7/18

  • 中学受験、学校選びの基準は? 親は「大学進学実績」、子は「校舎や設備」を重視

    中学受験、学校選びの基準は? 親は「大学進学実績」、子は「校舎や設備」を重視

     私立、公立、国立の中高一貫校には、それぞれどんな特徴があるのだろうか。指導経験の長い2人が「親が知っておきたい基礎知識」を解説する。AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝

    dot.

    7/17

  • 私立中高6年間でかかる学費、公立の何倍? 中学受験の新常識

    私立中高6年間でかかる学費、公立の何倍? 中学受験の新常識

     私立・国立中学の受験者は約5万人。中学受験を考える親が知っておきたい基礎知識を、指導経験の長い2人がアドバイスする。AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)より

    dot.

    7/16

  • デビュー作10万部超の現役高校生作家・鈴木るりか 小説で「中学受験に失敗した子」を描く理由

    デビュー作10万部超の現役高校生作家・鈴木るりか 小説で「中学受験に失敗した子」を描く理由

     現役高校生作家の鈴木るりかさんが、『さよなら、田中さん』でデビューしたのは14歳のとき。中学受験をテーマにした作品が話題を呼び、10万部を超えるベストセラーになった。現在発売中のAERA MOOK『

    dot.

    7/4

  • 東京芸大出身の漫画家が語る母校・女子学院「東大、医学部が正義じゃない進路指導のおかげ」

    東京芸大出身の漫画家が語る母校・女子学院「東大、医学部が正義じゃない進路指導のおかげ」

     名門・女子学院中高を卒業し、東京藝術大学に進学した漫画家の今日マチ子さん。表紙イラストを手掛けたAERA MOOK『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版、現在発売中)で、中学

    dot.

    7/3

  • マキタスポーツ、手探りで挑んだ娘の中学受験「合格発表日はライブハウスの通用口で号泣でした」

    マキタスポーツ、手探りで挑んだ娘の中学受験「合格発表日はライブハウスの通用口で号泣でした」

     思い立ったのは、なんと小6の秋! 俳優や文筆家としても活躍するお笑い芸人のマキタスポーツさんは、ほとんど予備知識のないなか、手探りで娘の中学受験に挑戦した。発売中のAERAムック『偏差値だけに頼らな

    dot.

    7/1

  • 弘中綾香アナ「慶應中等部は記念受験のつもりでした」人生で一番勉強した小学校時代を語る

    弘中綾香アナ「慶應中等部は記念受験のつもりでした」人生で一番勉強した小学校時代を語る

     アナウンサーとしていくつもの番組を担当するかたわら、エッセーの執筆や雑誌モデルなど多彩な活躍を見せる、テレビ朝日の弘中綾香さん。「人生で一番勉強した」という中学受験を振り返って、今思うことは? 6月

    dot.

    6/28

  • 中学受験を成功させた「コンサルママ」 子どもに強制しない学習サポート法とは?

    中学受験を成功させた「コンサルママ」 子どもに強制しない学習サポート法とは?

     中学受験成功のために欠かせない家庭学習だが、小学生の学習には親のサポートが不可欠。どのようなことに気をつけると効果的に進められる? AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(2

    dot.

    6/27

  • 「世界を変える30歳未満」斎藤明日美 ジェンダー格差解消に挑むきっかけをくれた女子校時代

    「世界を変える30歳未満」斎藤明日美 ジェンダー格差解消に挑むきっかけをくれた女子校時代

     日本では政治をはじめあらゆる分野に横たわっている、ジェンダーギャップ(男女格差)の問題。そんな中、IT業界のジェンダーギャップを解消しようと活動しているのが、2020年にForbes JAPAN誌の

    dot.

    6/26

  • 睡眠を犠牲、過酷な競争、親子バトル…中学受験を「魔界」にしないための心構えとは

    睡眠を犠牲、過酷な競争、親子バトル…中学受験を「魔界」にしないための心構えとは

     高校受験や大学受験と異なり、「親子二人三脚」とも言われる中学受験。思春期の入り口にさしかかっているわが子をどう支えればいいのか? AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(20

    dot.

    6/25

7 8 9 10 11

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す