書評『釣りバカ週刊誌記者のスクープ日誌』早池峰遥著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

釣りバカ週刊誌記者のスクープ日誌 早池峰遥著

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司書評#話題の新刊

 週刊誌のベテラン記者である著者は無類の釣り好き。特に渓流釣りにハマり、全国各地で事件が起きるたびに出張し、釣りざんまい。「釣り糸をたらす快感にハマってしまい、地方のスクープネタを必死で拾うようになった」という。

 本書では20年前に週刊朝日がスクープし、政界を揺るがした汚職事件「KSD事件」の経緯も明かされている。「群馬での渓流釣りの合間にネタを仕入れ、段ボール一箱分の資料の情報提供があったのがきっかけ」という。ほかに連続テレビ小説「あまちゃん」ロケ秘話、「紀州のドン・ファン騒動」など、釣りという趣味がなければものにできなかったスクープの数々が語られている。

 モットーは「無理と思った場所には行かない竿をださない」「渓流釣りには命を懸けない」。なるほど、取材の掟でもあるようだ。(上田耕司)

週刊朝日  2020年3月13日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい