愛という名の支配

今週の名言奇言

2020/01/17 16:39

 2018年、19年はフェミニズム本の当たり年だった。新刊書の出版が相次ぐ一方、過去の著作にも新たな光が当たりはじめた。昨年11月に文庫の形で復刊した田嶋陽子『愛という名の支配』(初版は1992年)もそんな一冊。「田嶋陽子さんって、テレビに出まくってたあの先生よね」というイメージが強いかもしれないが、どっこい、彼女の啓蒙力は高かった。その証拠に、昨年創刊されたフェミニズム系の新雑誌「エトセトラ」第2号(山内マリコ&柚木麻子責任編集)の特集は「We LOVE 田嶋陽子!」である。

あわせて読みたい

  • 「今いけてる子はフェミニスト」若い女性がフェミニズムを支持する理由

    「今いけてる子はフェミニスト」若い女性がフェミニズムを支持する理由

    AERA

    9/28

    遺書 東京五輪への覚悟

    遺書 東京五輪への覚悟

    週刊朝日

    3/5

  • なぜリベラルは敗け続けるのか

    なぜリベラルは敗け続けるのか

    週刊朝日

    7/26

    平成遺産

    平成遺産

    週刊朝日

    4/19

  • 中国人は見ている。

    中国人は見ている。

    週刊朝日

    4/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す