書評『やがて満ちてくる光の』梨木香歩著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

やがて満ちてくる光の 梨木香歩著

このエントリーをはてなブックマークに追加
二宮郁書評

 作家生活25年間で執筆してきた短文を集めたエッセイ。掲載時期や媒体にかかわらない作品の集合体だが、全体にわたって著者の信条が幹の如く通っている大木のような作品だ。

 枝葉に分かれた個々の文章が、執筆時の生活背景や政治的背景を色濃く反映していて、彼女の内面が作品に投影されている。

「小説家は作者自身と(一応)切り離した作品世界を作り上げるのが身上としても、随筆家が書くのはひたすら自分の身の回りのこと」だと記しているとおり、偶然見かけた売りに出された邸宅の庭に生えている植物から、以前の住人の人となりを想像し思いを馳せる姿に、日常の一瞬を大切にする著者の姿が浮かぶ。全ての感覚を研ぎ澄ませ、考えぬいて産み落とされた言葉が、優しさ溢れる世界に読者を迎えるだろう。(二宮郁)

週刊朝日  2019年10月4日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい