書評『いまどきの納骨堂 変わりゆく供養とお墓のカタチ』井上理津子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

いまどきの納骨堂 変わりゆく供養とお墓のカタチ 井上理津子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山 実書評#話題の新刊

 近頃増えてきた「納骨堂」。墓地のような「外墓」に対し、室内に遺骨を納めるための多様な施設があり、それらを見て回った見聞記である。

 東京都心の超モダンビルにある納骨堂は、京都にも本院がある寺が母体と聞き、関西育ちの著者は首を傾げる。旧家を買い取って改造したという本院の写真を見せられ、JR東海の広告「そうだ 京都、行こう。」のようだと思い、「ずいぶんやり手の寺なんだ」と呟く。

 これらの施設では「手ぶら」で墓参が売り。墓を掃除する面倒もない。荘厳さ清潔さに感心しつつも、遺骨の自動搬送システムに「物流倉庫」みたいと突っ込む。墓の値段を尋ね、購入者に話を聞く。墓じまいに密着し、仏壇型の室内墓も見学。樹木葬や散骨なども見て回る。全編通して著者のななめ目線の批評眼が利いている。(朝山 実)

週刊朝日  2019年2月22日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい