《話題の新刊 (週刊朝日)》

K-POP 新感覚のメディア

太田サトル書評#話題の新刊
 東方神起、少女時代、KARA……2010年代はじめに日本で巻き起こった、K-POPブーム。ほどなくしてブームは収束したかのように、みえた。

 どっこい。iTunesやYouTube、従来的芸能界の文脈と異なるメディアに新世代のK-POPアーティストたちがまいた種が着々と芽吹き、成長。そしていま、新たなK-POPの花が、咲きほこっている。

 BTS(防弾少年団)が米ビルボードチャートで1位を獲得。新しい花は、J-POP市場も超えて咲く。「J-POP」のカウンターワード的に生まれた「K-POP」というジャンルがグローバルな広がりを見せることができた理由は? 従来の「韓国歌謡」は、どう再構築されたのか。

 北大大学院准教授の著者が、「K」の趨勢と核心をひもとく。

週刊朝日  2018年11月9日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック