《話題の新刊 (週刊朝日)》

50歳からはじめる最強の健康法

二宮 郁書評#話題の新刊
 医療ジャーナリストの伊藤隼也氏が、自ら実践し厳選した、50歳以上の人におススメしたい健康法をまとめた一冊。

 気軽に取り組めるユニークな健康法が満載だ。例えば「健康ゆすり」。一般的にはマイナスなイメージを持たれがちな貧乏ゆすりだが、ふくらはぎを使うことで下半身の血流が良くなり、冷えやむくみ対策になる。他にも、「茶わんを上の棚に置いて五十肩を予防する」「電車内でのつま先立ちエクササイズで、積極的なカロリー消費」など、運動が苦手な人、ズボラな人でも気軽に挑戦しやすい内容が、多数紹介されている。

 人生100年の時代、と考えると50歳はまだ折り返し地点。「予防」の観点から、これらの健康法を生活に取り入れることで、健康寿命をぐんと延ばす期待が持てそうだ。

週刊朝日  2018年10月12日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック