蜜蜂と遠雷

今週の名言奇言

2017/01/19 12:17

 恩田陸『蜜蜂と遠雷』。選考が間近に迫った直木賞の本命とも噂される評価の高い作品だ。
 国際的なピアノコンクールを描いた長編小説だが、クラシック音楽の業界小説ともいえるだろう。
 作中には〈クラシック音楽というと、とにかく優雅で高尚で、というイメージだったが、内実は全く異なる〉なんて生々しい話も出てくる。〈ピアノコンクールというのは今や一大産業なのだった。/コンテスタントをはじめ、その関係者や観客がやってきて、ある程度の滞在期間を見こめるコンクールは、町おこしにもなるし、開催地の知名度を上げるチャンスである。結果、世界中に大小さまざまなコンクールが乱立する状態となり、(略)コンクール戦国時代になっているのである〉
 もっとも、この小説は業界のどろどろを描いているわけではない。物語の中心となるのは、芳ケ江国際ピアノコンクールに集った4人の若者。最大の読みどころは、タイプが異なる4人が奏でるピアノの音楽性の差異である。
 天才少女と呼ばれ10代でCDデビューするも、師でもあった母の死を機に一度は音楽界を引退した20歳の栄伝亜夜。ピアニストへの夢を捨てきれず、28歳にしてコンクールに応募したサラリーマンの高島明石。名門音楽学校に在籍し、演奏もルックスも完璧で「ジュリアード王子」の別名を持つ19歳のマサル・C・レヴィ・アナトール。小説を読んでいるだけなのに、彼らの音の差がリアルに感じられるのは文章の力だろう。
とりわけ強烈な印象を残すのは、音楽教育をほとんど受けたことがない16歳の風間塵である。〈養蜂家の子供なんだって? なんでも、『蜜蜂王子』って呼ばれてるらしいよ〉。並みいる音大卒業生を押しのけて、演奏で観客を魅了し翻弄する蜜蜂王子!
 テレビドラマか映画になったら『のだめカンタービレ』の上を行くヒット作になる可能性大。出版界と音楽界の希望をしょって本書に登場する曲を集めたCDも発売されるにちがいない。コンクールもだが、賞の結果も楽しみだ。

週刊朝日 2016年1月27日号

蜜蜂と遠雷(Kindle版)

恩田陸著

amazon
蜜蜂と遠雷(Kindle版)

あわせて読みたい

  • 松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィンが出演する映画『蜜蜂と遠雷』から劇中オリジナル楽曲「春と修羅」が先行配信

    松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィンが出演する映画『蜜蜂と遠雷』から劇中オリジナル楽曲「春と修羅」が先行配信

    Billboard JAPAN

    8/28

     【ビルボード】第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞『蜜蜂と遠雷』、コンクール演奏のピアノ楽曲全集が1位

    【ビルボード】第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞『蜜蜂と遠雷』、コンクール演奏のピアノ楽曲全集が1位

    Billboard JAPAN

    7/12

  • 【「本屋大賞2017」候補作紹介】『蜂蜜と遠雷』――天才ピアニストたちがしのぎを削る青春小説

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『蜂蜜と遠雷』――天才ピアニストたちがしのぎを削る青春小説

    BOOKSTAND

    3/27

    【本屋大賞2017】恩田陸さん『蜜蜂と遠雷』に決定! 本屋大賞初の二度目の受賞

    【本屋大賞2017】恩田陸さん『蜜蜂と遠雷』に決定! 本屋大賞初の二度目の受賞

    BOOKSTAND

    4/11

  • 【ビルボード】2週連続 若林暢の追悼アルバム2枚がトップ3入り『愛奏曲集』『ブラームスVn.ソナタ』

    【ビルボード】2週連続 若林暢の追悼アルバム2枚がトップ3入り『愛奏曲集』『ブラームスVn.ソナタ』

    Billboard JAPAN

    7/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す