書評『メメントモリ・ジャーニー』メレ山メレ子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

メメントモリ・ジャーニー メレ山メレ子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実書評#話題の新刊

メメントモリ・ジャーニー

メレ山メレ子著

978-4750514857
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

「お葬式の場が明るくなるような仕掛けができないだろうか」。会社員ながら、休日にハンドルネームで活動する著者が企てたのは、本書の中心となる「ガーナ棺桶紀行」だ。
 西アフリカの工房に、将来自分が入りたい「装飾棺桶」を発注。オーダーメイドで魚や動物、飛行機など希望に応じて、形は多様、色も鮮やか。現地では富裕層に限られるそうだが、「生前葬」と題してネットで資金を集め、いざ工房見学の旅へ。
 著者が注文したのは「ポテトチップス」型で、ボディには協賛スポンサーのロゴも。完成時に工房の一族総出の宴が催され、白と黒の「お弔い」イメージが吹き飛んでしまう。さて、どのようにして持ち帰るか。二つ隣の国ベナンへも足を延ばし、「呪術」で知られるヴードゥー発祥の地で王様と会う話も面白い。

週刊朝日 2016年12月2日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい