書評『カレー粉・スパイスではじめる 旨い! 家カレー』小宮山雄飛著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

カレー粉・スパイスではじめる 旨い! 家カレー 小宮山雄飛著

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホフディラン・小宮山雄飛。ミュージシャンの彼が、なぜ「カレー本」なのか。簡単。カレーが大好きだから。
 もともと食べること、料理が大好き。料理にとどまらず、コラム執筆、Tシャツデザイン、ウェブプロデュース、興味を持ったものを仕事につなげていく、ある意味“プロの趣味人”によるレシピ本。
 ハードルをあげず、材料や器具、作り方などはシンプルに。誰でも気軽に、“旨い”カレーが作れる構成。本書のコラムで、“家カレー”と銘打ちながら、家庭でいわゆる「おうちカレー」を食べた経験がないという衝撃。外で食べて「なんだ、このおいしい食べ物は!」と感激した食べ物、それがカレーだったことに再び衝撃。
 シンプルでありながら奥の深いスパイスの海へ、自宅から漕ぎ出すための海図的一冊。

週刊朝日 2016年8月5日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい