書評『子の無い人生』酒井順子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《ベストセラー解読 (週刊朝日)》

子の無い人生 酒井順子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
永江朗書評#ベストセラー解読

子の無い人生

酒井順子著

978-4041015568
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

最期は誰が看取る?

 2月に出たこの本がいまだに売れ続け、話題になっているのは、「保育園落ちた」事件があったからだろう。子育ても大変だけど、産まなかった女性の苦しさや後ろめたさも大きいよ、というエッセイである。
 10年あまり前、著者の『負け犬の遠吠え』で「既婚=勝ち組」という価値観を見せられたときにも驚いたが、こんどはもっと驚いた。既婚子ナシ男であるぼくは、そのことに罪悪感なんて持ったことがない。子供は嫌いじゃないし、となりに保育園ができてもいいと思っているけど、だって、子供がいないのはしょうがないじゃないか。
『負け犬の遠吠え』には痛々しいけど笑えるところがあった。それと比べて『子の無い人生』はちょっと重い。結婚しないことは個人の問題だが、子供を産まないことは社会の問題にされてしまうからだ。「あんたが産まないので、みんなが迷惑している」という無言有言の圧力がかかる。それは「あんたの老後を私の子供たちが支えなきゃならない」という「迷惑」であり、「人口が減って国力が弱まる」という「迷惑」である。
 でも、子ナシは子アリより税金をたくさん納めていることが多いし、子供はお国のために産み育てるものではないだろう。人口が減ったら減ったで、それに合わせて暮らしていけばいいだけのことだ。
 働きたい人が働けて、産みたい人が産める世の中がいい。産まないからといって後ろめたさを感じるような社会は、息苦しくていやだ。
 ぼくの最期は誰が看取るか?
 看取らなくてけっこう。孤独死の果てに腐乱死体もしくは白骨化死体でいい。

週刊朝日 2016年5月27日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい