書評『炭水化物が人類を滅ぼす』夏井睦著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《今週の名言奇言 (週刊朝日)》

炭水化物が人類を滅ぼす 夏井睦著

このエントリーをはてなブックマークに追加
斎藤美奈子#今週の名言奇言#食

糖質を要求するのは「体」ではなく「心」だ。

 気がついたら70キロあった体重が半年で11キロ減っていた。夏井睦『炭水化物が人類を滅ぼす』は人もうらやむダイエット成功本である。〈中年オヤジでもスリムに変身できる方法を紹介する〉とお医者さんである著者ご自身も胸を張る。
 方法はとても簡単。糖質を摂らない。ほぼそれだけ。具体的には主食(米・パン・麺など)をやめる。砂糖の入った食品もやめる。日本酒を焼酎に変える。でもカロリー制限はなし。唐揚げもフライもオッケーだ。
 すると、あら不思議。糖質制限をした結果、体重が減っただけではない。高血圧が治った。中性脂肪やLDLコレステロールの値が正常に戻った。二日酔いをしなくなった。昼食後も眠くなくなった。イビキと睡眠時無呼吸症候群も治った……。
 ええーっ、ほんと? あやしくない? だいいち炭水化物はタンパク質や脂肪と並ぶ「三大栄養素」でっせ。糖質なしでは脳も働かないでしょ。と思いますよね。私もそう思いました。しかし、ここから先が本書の真骨頂。三大栄養素のまやかしやカロリー神話の誤りにはじまり、草食動物と肉食動物の消化吸収のメカニズムとか、狩猟採集と農耕の効率の問題とか、話はやがて地球規模の文明論にまで及ぶのである。
 人の身体にとって必須脂肪酸と必須アミノ酸は外から取り入れるしかないが、炭水化物(糖質)はなくても生きられる。ブドウ糖は体内でタンパク質から合成できるからだ。
 ではなぜ人は炭水化物(糖類)を求めるのか。それは酒やタバコと同じ嗜好品だから。〈血糖の急激な上昇が、食後の陶酔感と幸福感をもたらし、その後に血糖値が低下し始めると、体は「血糖切れ」状態となる〉。早い話が人類はみな糖質依存症。〈糖質を要求するのは「体」ではなく「心」だ〉といわれると超納得。
 しかも、その目で見直せば、レストランもコンビニも、世は炭水化物だらけ。でもね、心の栄養だからこそ炭水化物(糖質)は文化を生んだわけで。断糖はむずかしいっす。

週刊朝日 2014年2月7日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい