書評『日本のリーダーには、武器を持つ覚悟はあるのか!?』大川豊、佐藤正久著 |AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

《新書の小径 (週刊朝日)》

日本のリーダーには、武器を持つ覚悟はあるのか!? 大川豊、佐藤正久著

このエントリーをはてなブックマークに追加
青木るえか#新書の小径

どうした、大川豊!

 コレは果たして……。私は大川豊ファンで、大川豊が書くものを愛しているのだが(『誰が新井将敬を殺したか』などホントに面白かった)、それは大川豊のスタンスも同時に愛するということである。大川豊の「泡沫候補ウォッチャー」ぶりや、政治家の評伝や自叙伝(選挙区で配られるゴマスリ伝記なども含め)を読み込んで異様なエピソードを収集するところなど、政治家というものにこういう対し方があってもいいのかと目を開かされた(というほど高尚なことでもないが)。
 で、大川豊の、政治家や政治に対する視点というのは「公平」で「リベラル」なものだと思っていた。今、リベラルというと何か色がついたみたいなことになってるが、信頼をしていたわけだ。で、このタイトルで、今回の選挙で当選した“ヒゲの隊長”佐藤正久と対談する。うわーきっと面白いはず!と思って買ったのですが……至って真面目な本でした。ヒゲの隊長が主張することを笑いでいなしまくってくれ、と期待していたわけじゃないが、どうもそういう感じはほとんどない。現役の議員との対談だから硬くなっちゃったんだろうか。いや、百戦錬磨の大川豊がそんなはずがない……。
 「はじめに」で、大川豊はヒゲの隊長に「覚悟はありますか?」とどうしても聞きたかった、という。が、それがどうしても聞きたいことなのか。こういう質問をしたらヒゲの隊長は「ある」と答えるに決まってんだろう、と思うのだが。読んでみる限り、ヒゲの隊長のご高説を拝聴して盛り上がってるだけのような。もちろん大川豊のことだから、サンダーバードとか「七人の侍」とかのネタで国防話を展開させるが、ヒゲの隊長が「さすが総裁、面白い視点ですね」とさらりと受けてそのまま流れる。
 大川豊は実は「言いたくて言えない何か」を対談に仕込んでるんじゃないかと、目を皿にして読んでみたのだが見つからなかった。私の読み方が何か間違ってるだろうか。

週刊朝日 2013年8月9日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい