菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡

出産と子育て

2012/11/28 18:53

 著者の菊池氏は北九州市立小倉中央小学校教諭。学級崩壊やいじめは、子どもの「自分に対する自信のなさ」「コミュニケーション力の乏しさ」が原因で、その結果、「クラス内の信頼関係が築けない」と分析する。
 菊池教諭はプラスの考え方や行動をうながす言葉をシャワーのように掛け続けることで、児童の聞く力・話す力・自主的な行動力を高めてきた。本書では6年生のクラスが一年間でどのように変化したか、その軌跡と奇跡を関原氏がルポの形でまとめている。
 特に素晴らしいのは、日替わりでクラスメートの長所やよいふるまいを見つけあい、帰りの会で発表する取り組み。観察力と判断力が育つという。ほめられた子どもは自信と安心感を得る。周りは真似しようとする。個々の成長が集団の信頼関係と思いやりにつながる。一方、「言葉の力がない人は友達のよさに気付かない。物事を表面的に好きか嫌いか、敵か味方かで振り分ける」と菊池教諭は指摘する。
 会社員や職員の研修にも、十分役立つ内容が多い。

週刊朝日 2012年12月7日号

菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡

菊池省三、関原美和子著

amazon
菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡

あわせて読みたい

  • 小学生が授業で遠隔プログラミング オーストラリアの農業の課題に挑む

    小学生が授業で遠隔プログラミング オーストラリアの農業の課題に挑む

    AERA

    11/28

    ブームの水素水は“現状”ただの水 「第三者の検証」必要

    ブームの水素水は“現状”ただの水 「第三者の検証」必要

    週刊朝日

    6/7

  • 国語とは似て非なるもの? 森村学園が教える「言語技術」

    国語とは似て非なるもの? 森村学園が教える「言語技術」

    AERA

    6/2

    開成 東大合格200人超の秘訣は学ぶ意欲を高める教育

    開成 東大合格200人超の秘訣は学ぶ意欲を高める教育

    週刊朝日

    4/5

  • 中央、立教大の評価が急上昇した理由は? 高校教諭が選ぶ「面倒見の良い」大学ランキング

    中央、立教大の評価が急上昇した理由は? 高校教諭が選ぶ「面倒見の良い」大学ランキング

    dot.

    8/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す