世界で一番詳しい ウナギの話

話題の新刊

2012/11/07 18:49

 2009年、本書の著者である塚本勝巳東京大学海洋研究所(当時)教授が率いるチームが、天然のニホンウナギの卵を採集し、産卵の時期と位置を厳密に特定したことは記憶に新しい。
 本書は、発見に至るまでの軌跡とウナギの回遊の謎、さらにはシラスウナギ不漁の原因や、卵からのウナギ養殖の可能性も論じた一冊だ。
 まず冒頭で示される「なぜ、動物は旅に出るのか」という巨視的な視点が興味深い。そしてもともと深海魚だったウナギが回遊魚へと進化した過程が論じられ、こちらもすこぶる面白いのだが、やはり、長い時間をかけ、試行錯誤を繰り返しつつウナギの産卵場所を徐々に特定し、ついに卵の発見に至るまでの描写が何より読む者を惹きつける。
 広大な海を面で網羅的に調査して、「いない」ことを確認することで「いる」可能性のある範囲を狭めていくグリッドサーベイと、データに基づく「三つの仮説」によって、ついには卵を採集するに至る記述からは、科学の現場のすさまじさを体感できるだろう。

週刊朝日 2012年11月16日号

世界で一番詳しい ウナギの話

塚本勝巳

amazon
世界で一番詳しい ウナギの話

あわせて読みたい

  • 真夏のごちそう、ウナギの意外な正体とは!? なぜ今、天然ウナギが絶滅の危機に…?

    真夏のごちそう、ウナギの意外な正体とは!? なぜ今、天然ウナギが絶滅の危機に…?

    tenki.jp

    8/8

    謎だらけの 「ウナギ」 の生態。どこで生まれて、どこを泳いで、日本にやって来るのか?

    謎だらけの 「ウナギ」 の生態。どこで生まれて、どこを泳いで、日本にやって来るのか?

    tenki.jp

    8/4

  • 本日、冬土用入り。旬のウナギがもう食べられなくなる?! それはミステリアス系ニョロ魚だから

    本日、冬土用入り。旬のウナギがもう食べられなくなる?! それはミステリアス系ニョロ魚だから

    tenki.jp

    1/18

    12月18日は源内忌。自由人・平賀源内は現代ウナギ養殖を見てどう言うでしょうか?

    12月18日は源内忌。自由人・平賀源内は現代ウナギ養殖を見てどう言うでしょうか?

    tenki.jp

    12/18

  • いまだ謎だらけ「ウナギ」の産卵は、地殻変動によりマリアナ海域まで遠ざかった!?
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    いまだ謎だらけ「ウナギ」の産卵は、地殻変動によりマリアナ海域まで遠ざかった!?

    AERA

    8/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す