訪問介護員の約4割が60歳以上 深刻化する「老老介護」と「介護難民」に専門家が警鐘

2021/09/19 09:00

 在宅介護の助けとなる訪問介護員(ホームヘルパー)。いま、その約4割が60歳以上となり、高齢者が高齢者を介護する「老老介護」が増えています。その一方で、特別養護老人ホームなどの介護施設にも近年、変化が起きています。現在発売中の週刊朝日ムック『高齢者ホーム2022』から抜粋して紹介。

あわせて読みたい

  • 「有料老人ホーム」と「サ高住」 選ぶならどっち?

    「有料老人ホーム」と「サ高住」 選ぶならどっち?

    週刊朝日

    10/4

    終の棲家を求める団塊世代 悪徳なサ高住に泣きをみる人も

    終の棲家を求める団塊世代 悪徳なサ高住に泣きをみる人も

    週刊朝日

    9/20

  • 低価格の「サ高住」が人気 契約前に確認すべき点とは?

    低価格の「サ高住」が人気 契約前に確認すべき点とは?

    週刊朝日

    8/26

    妻が要介護に。施設入居は「妻だけ」と「夫婦一緒」どちらが高コスパ?

    妻が要介護に。施設入居は「妻だけ」と「夫婦一緒」どちらが高コスパ?

    dot.

    1/4

  • サ高住は“玉石混交” 施設選びは「長生きリスク」を考える!

    サ高住は“玉石混交” 施設選びは「長生きリスク」を考える!

    週刊朝日

    2/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す