【独自】酒井法子YouTube密着ルポ「私は基本、ポンコツで昭和のノリ。21万回再生は『馬場うれピー』」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【独自】酒井法子YouTube密着ルポ「私は基本、ポンコツで昭和のノリ。21万回再生は『馬場うれピー』」

上田耕司dot.
撮影に臨む酒井法子(撮影・上田耕司)

撮影に臨む酒井法子(撮影・上田耕司)

 5月1日に自身初のYouTubeチャンネル「1億のスマイル!!」を開設し、21万回の再生回数を記録したのりピーこと、酒井法子。次作のYouTubeロケを密着取材し、その意気込みを独占インタビューした。

【写真】現場を走ったのりピーだが、撮り直し

 ロケが行なわれたのは5月4日。埼玉県飯能市の大自然に囲まれた場所で行なわれた。杉や檜が生い茂る山間地帯で、晴れていたので、木々の葉の緑がまぶしい。鳥のさえずりが聞こえる山々の谷間の一軒家に、酒井がやってきたのは午後1時半頃。

 車から降りた酒井は、日差しが強いために日傘を差し、動きやすいランニングシューズを履いていた。撮影前、手や足にスプレーをかけていたので、何ですかと尋ねると、「虫よけ」と言ってニコっと笑い、撮影に向かって行った。そんな会話からロケ取材がスタートした。

 初回の配信では再生回数は初日で13万回、4日目で21万回を超える人気ぶり。撮影の合間に、本人に感想をたずねると、

「メチャクチャうれしいですよ。東京ドームで3~4回コンサートをしたくらい、たくさんの人が見て下さったのではないでしょうか。私自身、夜中の0時に自分のYouTubeがアップされるのをすごい楽しみにしていたんですが、(チャンネル名の)『1億のスマイル』で検索したら、昔の動画ばっかり出てきてなかなか見つけられませんでした」

 酒井は自分のことを、「基本的にポンコツなんで、ホントにおっちょこちょいなので」と謙虚に表現した。現在、長男(21)と2人暮らし。

メイクを直す酒井法子(撮影・上田耕司)

メイクを直す酒井法子(撮影・上田耕司)

「長男は専門学校を卒業し、もう社会人です。YouTubeがとても好きで、うちにいる時は四六時中見てますね。私の初回の動画を見て、『シンプルな塩おにぎりでもおいしいというくだりから、モツ鍋がおいしいという映像に変わって行くところが笑った』とか感想を言っていました。『あーでも、めっチャ、カッコ良かったよ。がんばれ』ってほめてくれました」

  長男はYouTubeに詳しいが、酒井本人はあまり見ていないらしい。はじめしゃちょー、ヒカル、東海オンエア、ゆきりぬ、てんちむ…など有名YouTuberの名前を次々に上げてみたが、ほとんど見たことがないという。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい