戦後日本の写真界を代表する写真家たちの波乱万丈な人生

アサヒカメラ

2020/08/25 17:00

 写真家・小松健一さんが『写真家の心 詩人の眼』(本の泉社)を出版した。本書に収められているのは、大竹省二、石川文洋、竹内敏信、田沼武能、田村茂、丹野章、中村征夫、水越武、渡辺義雄……戦後日本の写真界を代表するそうそうたる写真家ついて書かれた文章や対談、インタビューである。

あわせて読みたい

  • モノクロ写真家が見つけた「いい色の世界」 ポップな魅力のフォト&エッセー集へ

    モノクロ写真家が見つけた「いい色の世界」 ポップな魅力のフォト&エッセー集へ

    AERA

    7/28

    覚悟とギリギリの判断。写真家・前川貴行が語る野生動物への向き合い方

    覚悟とギリギリの判断。写真家・前川貴行が語る野生動物への向き合い方

    dot.

    8/6

  • 世界中の「楽園」を撮影してきた 写真家・三好和義の原点回帰

    世界中の「楽園」を撮影してきた 写真家・三好和義の原点回帰

    dot.

    8/19

    6年かけて撮り続けたアラスカの大自然と動物たち 写真家・佐藤大史が写す「地球」

    6年かけて撮り続けたアラスカの大自然と動物たち 写真家・佐藤大史が写す「地球」

    dot.

    8/13

  • でっち上げの治安維持法違反で逮捕された2人のその後

    でっち上げの治安維持法違反で逮捕された2人のその後

    dot.

    8/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す