5万人が体験した“若きれいメイク”。40代以降は「眉毛」と「チーク」で決まり! (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5万人が体験した“若きれいメイク”。40代以降は「眉毛」と「チーク」で決まり!

このエントリーをはてなブックマークに追加
時政美由紀dot.#女子
「年齢とともに顔にシミやたるみが出るのは仕方ないし、無理に隠す必要はありません」

「今の自分を知って、その変化に合わせてメイクしていけばいいんです」

 浅香さんは努力しなくていいと言う。化粧品も高級なものは必要ないとも。

「教室にいらっしゃる生徒さんにお聞きするんです。『若くなりたいですか? それとも、きれいになりたいですか?』って。皆さん、『両方!』ってお答えになります。正直ですよね(笑)。なので、私は若くてきれいな"若きれいメイク"をお教えしています」

 すでに5万人がこの教室に来て、浅香流メイクを体験している。そのメソッドとは?

●大人メイクのポイントは"チーク"と"眉毛"

 浅香さんの新刊『いくつになっても変われる 大人のメイクレッスン』より、そのメソッドをいくつか紹介してもらった。

 まず、どれほどメイクで変わるのか。モデルさんの写真を見てもらえれば一目瞭然!
 浅香さんは、「大人メイクのポイントは“チーク”と“眉毛”です」と言う。

 チークというと、顔の発色をよく見せて、アイシャドウや口紅のようなメイクアップのためにするもの、と思っている人が多いかもしれない。

 が、浅香流では、チークはファンデーションの延長。チークに注目させることで、シミやたるみをカバーするというのだ。

 チークはオレンジとピンクの2色使いで、ブラシを使うこと。以下が手順だ。

(1)オレンジのチークを耳幅に沿って、耳から頬方向に横に入れる。

(2)ピンクを黒目の真下に小さく入れる。

 たったこれだけ!

 注意することは、決して縦に入れないこと。チークを縦に入れていいのは、若い頃だけ。顔のたるみが気になる年齢には、“横”が鉄則。耳幅に沿って横に入れることで、引き締め効果が出て、小顔に見えるのだ。

 ピンクは、ポイントを上部に持ってくることで、顔が上がって見える。
オレンジは耳幅に沿って、ピンクは黒目の真下に小さく入れる

オレンジは耳幅に沿って、ピンクは黒目の真下に小さく入れる

 また、眉毛は“ストレート”が基本。よく“アーチ”型の人を見かけるが、40代以降はストレートで。アーチにすると、間延びした顔が余計に長く見えてしまう。



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい