木村伊兵衛が出合い頭で撮った「大阪商人の姿」

連載26 木村伊兵衛の「傑作が生まれる瞬間」

アサヒカメラ

2019/07/24 17:00

 昭和32年7月21日から24日まで木村伊兵衛は、大阪の日本人というテーマで撮影に出かけている。それは大阪人=大阪商人を撮ることであり、その特色を出そうと薬の問屋街の道修町や丼池筋にある繊維問屋街、通天閣や新世界、道頓堀、心斎橋、戎橋界隈などを精力的に撮り歩いている。また、ファッションショーや天神祭、その境内に出ていた「覗きカラクリ」までとらえている。そのとき撮った写真は天神祭の境内で撮った「覗きカラクリ」やステテコ姿で露店を開く男性など、数点がちくま文庫のシリーズや『定本木村伊兵衛』(朝日新聞社刊)などに収録されている。

あわせて読みたい

  • 木村伊兵衛が写した漁師町「佃島」の生活風景

    木村伊兵衛が写した漁師町「佃島」の生活風景

    dot.

    6/30

    木村伊兵衛が撮った洗濯物干し場から見える「バブル」

    木村伊兵衛が撮った洗濯物干し場から見える「バブル」

    dot.

    5/9

  • 木村伊兵衛 社外アルバイトで食いつないだ1954年

    木村伊兵衛 社外アルバイトで食いつないだ1954年

    dot.

    11/6

    木村伊兵衛の手法 何気ない日常風景から時代をドキュメントする

    木村伊兵衛の手法 何気ない日常風景から時代をドキュメントする

    dot.

    11/3

  • ニコンD4S実写! 木村伊兵衛特集! ネコ写真コンテスト、新連載も続々スタート! アサヒカメラ4月号発売です

    ニコンD4S実写! 木村伊兵衛特集! ネコ写真コンテスト、新連載も続々スタート! アサヒカメラ4月号発売です

    アサヒカメラ

    3/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す