東ちづる独白 LGBT映画を作った理由「生産性という言葉に引っ張られてはダメ」

映画

2018/12/21 16:05

 女優として活躍する傍らで、骨髄バンクや障がい者アートなどの支援活動を続けてきた東ちづるさん。テレビに出ながら、ずっと一人で取り組んできたが、東日本大震災をきっかけに一般社団法人「Get in touch!」を立ち上げた。そして今は、自身がプロデュースした映画「私はワタシ ~over the rainbow~」の配給に奔走する。同作にはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、そしてその枠に囚われないすべてのセクシュアルマイノリティー(LGBTs)の当事者50人が出演し、90分間のドキュメンタリー映像には50通りの「当たり前」が描かれている。

あわせて読みたい

  • デュア・リパ、LGBTQファンの権利のために闘う理由について語る

    デュア・リパ、LGBTQファンの権利のために闘う理由について語る

    Billboard JAPAN

    11/6

    岡山、熊本、沖縄…地方のLGBT理解は足元から変わる

    岡山、熊本、沖縄…地方のLGBT理解は足元から変わる

    AERA

    6/10

  • 早稲田大が始めた日本初の「LGBTセンター」の存在感

    早稲田大が始めた日本初の「LGBTセンター」の存在感

    週刊朝日

    7/15

    わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

    わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

    AERA

    6/6

  • 男性に生まれ、女性として就活した慶大卒のトランスジェンダーが語る就職活動

    男性に生まれ、女性として就活した慶大卒のトランスジェンダーが語る就職活動

    dot.

    6/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す