病と貧困に対する「自己責任論」の怖さ 『妻はサバイバー』著者と精神科医・松本俊彦氏が語る、偏見と差別の内面化がもたらす負の連鎖

妻はサバイバー

2023/05/12 17:00

 摂食障害やアルコール依存症で闘病する妻の姿を記録した、朝日新聞記者・永田豊隆さんによる渾身のルポ『妻はサバイバー』。2022年4月の発売後、多くの反響が寄せられました。今年3月下旬には、この本が問いかけるものを専門家の視点も交えて考えたいと、朝日新聞のオンラインイベント「記者サロン~『妻はサバイバー』の記者、精神科医・松本俊彦さんと語る」を開催。松本さんから宿題をもらった思いだと明かしたイベントの様子を、著者の永田さんにご寄稿いただきました。

あわせて読みたい

  • 貧困は自己責任論では片付かない…熊谷晋一郎さんが指摘する「差別」を生む構造とは?

    貧困は自己責任論では片付かない…熊谷晋一郎さんが指摘する「差別」を生む構造とは?

    dot.

    6/4

    相模原殺人 「多くの人は暴力とは無縁」専門家が精神障害者への偏見を懸念

    相模原殺人 「多くの人は暴力とは無縁」専門家が精神障害者への偏見を懸念

    週刊朝日

    8/5

  • 「キャッシングにも手を出した」 パワハラに苦しんだ女性が“買い物依存症”になった苦悩の20年

    「キャッシングにも手を出した」 パワハラに苦しんだ女性が“買い物依存症”になった苦悩の20年

    AERA

    2/4

    睡眠導入剤や抗不安薬で薬物依存に…依存症になりやすい人とは?

    睡眠導入剤や抗不安薬で薬物依存に…依存症になりやすい人とは?

    AERA

    11/7

  • 清原氏、明ける執行猶予「怖い感じ」 社会復帰に試練

    清原氏、明ける執行猶予「怖い感じ」 社会復帰に試練

    週刊朝日

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す