【子宮筋腫・内膜症】若い年代に多く、過多月経や月経痛などのつらい症状、不妊の原因になることも

いい病院2023

2023/01/24 17:00

 女性の良性疾患である「子宮筋腫」と「子宮内膜症」。がんや心臓病のような、生命に関わる病気ではありませんが、過多月経や月経痛などのつらい症状が起こることがあり、女性の心身や生活に与える影響は大きいといえます。今回は、それぞれの病気の特性と治療の選択肢を紹介します。本記事は、 2023年2月27日に発売予定の『手術数でわかる いい病院2023』で取材した医師の協力のもと作成し、お届けします。

あわせて読みたい

  • ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    週刊朝日

    1/30

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    dot.

    7/18

  • 子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    dot.

    7/19

    子宮筋腫や子宮内膜症と発症頻度変わらない「子宮腺筋症」 クリアカットな境界がなく手術で切除が難しい

    子宮筋腫や子宮内膜症と発症頻度変わらない「子宮腺筋症」 クリアカットな境界がなく手術で切除が難しい

    dot.

    1/18

  • 月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    dot.

    10/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す