東京に潜む「限界集落」世田谷区大蔵3丁目の再生 建て替え反対より「移転への不安が大きい」理由

超高齢化社会

2022/12/31 11:30

 65歳以上の高齢者が50%以上いる地域を「限界集落」という。それは山間部にあるイメージだが、実は東京23区内にも10カ所ほどの限界集落が存在する。その地区のほとんどを東京都の都営住宅と公社住宅が占めている。「東京の限界集落」の一つ、世田谷区大蔵3丁目は2番目に高齢化率が高く、住民のほとんどが総戸数1264戸の団地「大蔵住宅」で暮らしている。現在、大蔵住宅では建て替え工事が進められている。旧住民は、新しく建てられた「カーメスト大蔵の杜」に入居した若い世代とどうコミュニティーを築き上げていくのか。現地を訪ねた。

あわせて読みたい

  • マンション建替えの光と影 成功した「諏訪二丁目住宅」を追う

    マンション建替えの光と影 成功した「諏訪二丁目住宅」を追う

    AERA

    8/19

    都区内に1万棟 「旧耐震基準マンション」建て替えの条件とは?

    都区内に1万棟 「旧耐震基準マンション」建て替えの条件とは?

    AERA

    9/1

  • マンションの「認知症トラブル」 防止策に独自の「居住者台帳」整備も

    マンションの「認知症トラブル」 防止策に独自の「居住者台帳」整備も

    週刊朝日

    11/10

    過去の欠陥マンション建て替え 成功の裏に理事の苦闘

    過去の欠陥マンション建て替え 成功の裏に理事の苦闘

    AERA

    12/3

  • 知らないと損する“負動産”相続 築50年公団住宅に年40万円の負担も

    知らないと損する“負動産”相続 築50年公団住宅に年40万円の負担も

    週刊朝日

    9/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す