ソフトバンクが移籍市場で「1人勝ち」 プロ野球に“戦力均衡ルール”は必要なのか

プロ野球

2022/12/28 18:00

 多くの動きがあった今年のストーブリーグ。その中で主役となったのはやはりソフトバンクだろう。フリーエージェント(以下FA)で嶺井博希(前DeNA)と近藤健介(前日本ハム)を獲得すると、外国人もガンケル(前阪神)、オスナ(前ロッテ)と日本で実績のある投手の入団も発表された。

あわせて読みたい

  • なぜ、プロ野球には「ドラフト制度」があるの?

    なぜ、プロ野球には「ドラフト制度」があるの?

    tenki.jp

    10/25

    バレンティンが“意味深投稿” 将来的な「ヤクルト出戻り」の可能性はあるのか

    バレンティンが“意味深投稿” 将来的な「ヤクルト出戻り」の可能性はあるのか

    dot.

    10/5

  • メジャーに“置いて行かれた”プロ野球の年俸 過去40年で広がった「絶望的な格差」

    メジャーに“置いて行かれた”プロ野球の年俸 過去40年で広がった「絶望的な格差」

    dot.

    4/27

    落合博満がコミッショナーなら実現…? 「3リーグ制」が球界を救う

    落合博満がコミッショナーなら実現…? 「3リーグ制」が球界を救う

    週刊朝日

    4/20

  • 巨人の“草刈り場”となってきた広島とヤクルト「アンチは相当なもの」 そして今年も…

    巨人の“草刈り場”となってきた広島とヤクルト「アンチは相当なもの」 そして今年も…

    dot.

    11/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す