「歯がグラグラになって歌うことができません」と歌手から相談を受けた歯科医 滑舌の悪さも歯科で治せる?

歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン”

ヘルス

2022/12/19 07:00

言葉が聞き取りにくいと言われる、話す時に息がもれる、発音しにくい音がある……。このような悩みは歯科で解決できるかもしれません。若林健史歯科医師によれば、役者や歌手からもこうした相談を受けることがあります。また、吹奏楽器の演奏者が「楽器をうまく吹けない」と受診するケースも。声や音が歯とどう関係するのか、治療の実際などを聞きました。

あわせて読みたい

  • 「歯科矯正」は子どもだけじゃない 大人がやるべきケースとは?

    「歯科矯正」は子どもだけじゃない 大人がやるべきケースとは?

    週刊朝日

    5/23

    「朝起きたとき口の中がネバネバする」は歯周病の疑い? セルフチェック

    「朝起きたとき口の中がネバネバする」は歯周病の疑い? セルフチェック

    dot.

    6/3

  • 「歯ぎしり」はやっぱり治すべき? 歯科医が治療をすすめる本当の理由
    筆者の顔写真

    若林健史

    「歯ぎしり」はやっぱり治すべき? 歯科医が治療をすすめる本当の理由

    週刊朝日

    10/22

    ネットでは無理? 「いい歯医者」の見分け方を歯周病専門医が伝授

    ネットでは無理? 「いい歯医者」の見分け方を歯周病専門医が伝授

    週刊朝日

    6/23

  • 若い女性にも増える歯周病、メンタルに悪影響も 目的別3つの「手術法」とは

    若い女性にも増える歯周病、メンタルに悪影響も 目的別3つの「手術法」とは

    dot.

    1/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す