「赤ちゃんポスト」を東京に 虐待を目の当たりにしてきた小児科医が2年後に開設を目指す理由

赤ちゃんポスト

2022/12/03 09:00

12月2日、横浜市瀬谷区の公園で乳児の遺体が発見された。警察は死体遺棄事件として捜査している。相次ぐ痛ましい事件に対して、どう手を打ったらいいのか。親が育てられない子どもの命を守るため、匿名で預かる「赤ちゃんポスト」と、予期せぬ妊娠をした女性の孤立出産を防ぐため、病院の担当者だけに身元を明かして産む「内密出産」。これらに対応する産婦人科医院を、小児科など5医院を運営する医療法人社団「モルゲンロート」(東京都江東区)が、2024年秋に新設する予定だ。いろいろと議論がある取り組みだが、開設を決めた理由は何か。理事長の小暮裕之氏(43)らに聞いた。

あわせて読みたい

  • 内密出産を回避した女性の子が1年以上も児相に「一時保護」 必要なのは母親を支える視点

    内密出産を回避した女性の子が1年以上も児相に「一時保護」 必要なのは母親を支える視点

    AERA

    12/10

    内密出産「知られたくない」権利、当事者なのに蚊帳の外 背景に「女性は出産=母になる」民法の壁も

    内密出産「知られたくない」権利、当事者なのに蚊帳の外 背景に「女性は出産=母になる」民法の壁も

    AERA

    7/2

  • 赤ちゃんポストの真実

    赤ちゃんポストの真実

    週刊朝日

    11/19

    虐待を受けた未成年、子を守るため「1人で産んだ」 「予期せぬ妊娠」で孤立出産を減らす「内密出産」の必要性

    虐待を受けた未成年、子を守るため「1人で産んだ」 「予期せぬ妊娠」で孤立出産を減らす「内密出産」の必要性

    AERA

    9/25

  • 赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    AERA

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す