10年間続く普天間基地ゲート前「抗議のゴスペル」の歌声が訴えるもの

ゴスペル

2022/11/07 07:00

 毎週月曜の夕方、沖縄県宜野湾市には賛美歌が聞こえてくる場所がある。教会ではない。音楽教室でもない。「世界一危険」とも言われる、米軍普天間基地のゲート前だ。誰が、何のために歌っているのか――。

あわせて読みたい

  • 孫崎享「沖縄の意向を踏まえれば日米関係の危機は小さくなる」

    孫崎享「沖縄の意向を踏まえれば日米関係の危機は小さくなる」

    週刊朝日

    9/29

    100人の顔)屋良朝博(57)国民民主党衆院議員「日本の安保政策は人倫に反している」

    100人の顔)屋良朝博(57)国民民主党衆院議員「日本の安保政策は人倫に反している」

    週刊朝日

    1/7

  • 沖縄本土復帰50年「日本は帰るべき“祖国”だったのか」

    沖縄本土復帰50年「日本は帰るべき“祖国”だったのか」

    週刊朝日

    5/15

    オスプレイ反対の本質を田原総一朗氏が指摘
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    オスプレイ反対の本質を田原総一朗氏が指摘

    週刊朝日

    10/8

  • 「沖縄の基地を本土に引き取ろう」 引き取り論の呼びかけ

    「沖縄の基地を本土に引き取ろう」 引き取り論の呼びかけ

    AERA

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す