腫瘍とがんの違いは? 良性なら治療しなくていい?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

がん

2022/10/16 08:00

 今や小・中学校などのカリキュラムに「がん教育」が定められるほど、がんは身近な病気です。「生涯のうち、2人に1人ががんになる」とされ、そう遠くない日に自分や近しい人にがんが見つかることもあり得ます。その時、自分の病気に落ち着いて対処できるでしょうか。また大切な人をサポートできるでしょうか。

あわせて読みたい

  • 原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    dot.

    10/16

    よく言われる「がんになりやすい家系」実際にはどうなの? 医者の回答は…

    よく言われる「がんになりやすい家系」実際にはどうなの? 医者の回答は…

    週刊朝日

    11/23

  • 頭痛や吐き気、気分の落ち込みも 脳腫瘍の多様な症状とは?

    頭痛や吐き気、気分の落ち込みも 脳腫瘍の多様な症状とは?

    dot.

    8/10

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    AERA

    2/8

  • 患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    週刊朝日

    6/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す