いつ妊娠したいかで治療法が変わる「子宮内膜症」 若い時に手術しても結婚したら再発していたケースも

ヘルス

2022/10/10 07:00

 子宮内膜症は良性疾患ではあるが、つらい月経痛などが閉経時まで続き、不妊の原因にもなる。どのような場合に手術を選択すべきか、また、妊娠などの将来設計に合わせた治療法や治療のタイミングについて専門医に聞いた。

あわせて読みたい

  • 不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    dot.

    9/26

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    dot.

    10/9

  • ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    週刊朝日

    1/30

    【子宮・卵巣がん手術】薬物療法が大きく進歩 従来よりも生存期間の延長に期待が高まる

    【子宮・卵巣がん手術】薬物療法が大きく進歩 従来よりも生存期間の延長に期待が高まる

    dot.

    3/17

  • がんになっても出産の希望を失わない

    がんになっても出産の希望を失わない

    AERA

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す